今日の迷言・余言・禁言

「慰安婦はアイドル」の訪日韓国人たち

韓国にも良識のある人はいる。その一人は世宗大教授の朴裕河(パク・ユハ)氏だ。彼は『帝国の慰安婦』を出版、その内容が慰安婦の方々の名誉を傷つけるとして起訴されたが、今年1月無罪となった。その朴氏だが、このほど日韓問題を考える討論会で「慰安婦がアイドル化してきている」と発言して、再びネット民などから激しいバッシングを受けている。だが、客観的に見れば朴氏の意見は正しく、誰が見たって“慰安婦像”の大量生産やそこかしこに並べる大量設置は、外国人たちから見て“異様”でしかない。人気アイドルやキャラクターが、あちこちの街角でポスターを貼られているとか、等身大の人形が置かれているのと大差はない。先頃は、ソウル市内を走るバスの中にも“慰安婦像”を乗せて走るバスが出て来ているらしい。確かに“熱狂的なファン”が思いつきそうな行為だ。ただ、あの“慰安婦像”というやつ、いま一つ“芸術的”じゃない。とても“カワイイ”とは言えないし、“美しい”わけでもない。必ず、何故か横に“並んで座る椅子”が付いていて、何んと、バスの中の像にもそれはあって、何となくバランスが取れていなくて、見栄えも良くない。記念撮影用なのだと思うが、自国の“慰安婦”と一緒に並んで写真を写すというのは、日本に置き換えるなら“外人相手の人気風俗嬢”と並んで写真に撮られるようなものなのだが、それを嬉々として行う“若い女性達”の心境というか、或る種の気恥ずかしさはないのだろうか。日本人女性なら、とても“外国人相手の人気風俗嬢”と並んで写真を写すのは、気恥ずかしくて出来ないような気がするのだ。もっとも、このところ訪日韓国人たちが急増している事実を考えると、どうも韓国人というのは、好きだからこそ“大っ嫌い”という少女の心境に似た性質を持っているようで可愛くもある。その内、“慰安婦像ペンダント”とか“慰安婦像ストラップ”とかを付けて来日してくれると解かりやすくて良い。そう言えば昔、韓国へ行ったとき美容家IKKOさんの等身大パネルが立っていた。あれって“アイドル的存在”だったからなのかなあ…。


最近の記事はこちら

入場料“1500円の書店”は成功するか

東京・六本木の青山ブックセンターの跡地に、昨日、新たな書店「文喫(ぶんきつ)」がオープンした。書店としては中型規模の売り場面積だが、入場する時に“入場料1500円”を支払わなければならない。新たなビジ…続きを読む

「千尋」から「弌大」への改名は最悪⁉

私はこれまでにも何度か「読めない文字を使った命名はすべきでない」と記してきた。今回は正にその典型である。昨日、プロ野球の日ハムに新規加入した元オリックス・金子千尋(かねこちひろ)選手の入団発表があった…続きを読む

両肢の間に「跪かせる治療法」は危ない⁉

世の中には「どう見たって…妖しい」と思うような治療法が山ほど存在する。けれども、それで実際に効果があるのであれば、誰も口をはさめない。ブラジルでは時折、その手の治療法が流行する。私がまだ20代の頃だっ…続きを読む

「転落死」しなかったことが奇跡⁉

欧米人の中には時々とんでもないことを思いつき、そして実行してしまう“危ない冒険野郎”がいる。12月5日に「動画サイト」に投稿され、現在は削除された「ピラミッド頂上で全裸になってSEX」動画がある。映像…続きを読む

ミャンマーの「赤い靴」

「赤い靴」という童謡を知っているだろうか。「♪赤い靴はいてた女の子…異人さんに連れられ行っちゃった」で始まる“もの哀しい曲”だ。私は幼い頃、この歌をなぜか“とても美しい歌”のように思っていた。それは多…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.