今日の迷言・余言・禁言

「慰安婦はアイドル」の訪日韓国人たち

韓国にも良識のある人はいる。その一人は世宗大教授の朴裕河(パク・ユハ)氏だ。彼は『帝国の慰安婦』を出版、その内容が慰安婦の方々の名誉を傷つけるとして起訴されたが、今年1月無罪となった。その朴氏だが、このほど日韓問題を考える討論会で「慰安婦がアイドル化してきている」と発言して、再びネット民などから激しいバッシングを受けている。だが、客観的に見れば朴氏の意見は正しく、誰が見たって“慰安婦像”の大量生産やそこかしこに並べる大量設置は、外国人たちから見て“異様”でしかない。人気アイドルやキャラクターが、あちこちの街角でポスターを貼られているとか、等身大の人形が置かれているのと大差はない。先頃は、ソウル市内を走るバスの中にも“慰安婦像”を乗せて走るバスが出て来ているらしい。確かに“熱狂的なファン”が思いつきそうな行為だ。ただ、あの“慰安婦像”というやつ、いま一つ“芸術的”じゃない。とても“カワイイ”とは言えないし、“美しい”わけでもない。必ず、何故か横に“並んで座る椅子”が付いていて、何んと、バスの中の像にもそれはあって、何となくバランスが取れていなくて、見栄えも良くない。記念撮影用なのだと思うが、自国の“慰安婦”と一緒に並んで写真を写すというのは、日本に置き換えるなら“外人相手の人気風俗嬢”と並んで写真に撮られるようなものなのだが、それを嬉々として行う“若い女性達”の心境というか、或る種の気恥ずかしさはないのだろうか。日本人女性なら、とても“外国人相手の人気風俗嬢”と並んで写真を写すのは、気恥ずかしくて出来ないような気がするのだ。もっとも、このところ訪日韓国人たちが急増している事実を考えると、どうも韓国人というのは、好きだからこそ“大っ嫌い”という少女の心境に似た性質を持っているようで可愛くもある。その内、“慰安婦像ペンダント”とか“慰安婦像ストラップ”とかを付けて来日してくれると解かりやすくて良い。そう言えば昔、韓国へ行ったとき美容家IKKOさんの等身大パネルが立っていた。あれって“アイドル的存在”だったからなのかなあ…。


最近の記事はこちら

“車離れ”は「本当の先進国」になった証拠

“若者の車離れ”に歯止めが掛からない。それを何んとか防ごうと、19日、トヨタは新しく「GR」シリーズを発売すると発表した。スポーツカーブランドを一新することで、低迷が続く国内の自動車販売をテコ入れした…続きを読む

「生前継承」された7代目の“宗教”

先日、テレビで今も継承され続ける「カクレキリシタン」に関するドキュメンタリーが放映されていた。その中で印象的だったのは、現在の指導者が口にした“普通のキリスト教やカトリックとは違う”という発言だった。…続きを読む

甲冑姿の「サムライ」が刀を向ける

近年の歴史・時代物ブームで“古戦場跡”観光というものが盛り上がっている。それ自体は良いことなのだが、その“古戦場跡”の一つ「関ケ原」で全身甲冑姿の「サムライ」が、山頂に続く階段を登りきったところで待ち…続きを読む

「時代について行く」選択は正しいのか

毎日、そこかしこに情報があふれている。無意識にわれわれは、その情報の多くを吸収しながら生きている。それが「時代について行く」という“生き方”である。けれども、本当に、それが“幸福な生き方”なのかどうか…続きを読む

「ノーベル賞の卵」が“非正規雇用”で働く

山中伸弥氏と言えば、謂わずと知れた“ノーベール賞科学者”である。現在は京都大学の細胞研究所所長を務めている。そのHP上に「ご支援のお願い」が掲載された。彼によると、研究所で働く教職員の9割が“非正規雇…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.