今日の迷言・余言・禁言

「慰安婦はアイドル」の訪日韓国人たち

韓国にも良識のある人はいる。その一人は世宗大教授の朴裕河(パク・ユハ)氏だ。彼は『帝国の慰安婦』を出版、その内容が慰安婦の方々の名誉を傷つけるとして起訴されたが、今年1月無罪となった。その朴氏だが、このほど日韓問題を考える討論会で「慰安婦がアイドル化してきている」と発言して、再びネット民などから激しいバッシングを受けている。だが、客観的に見れば朴氏の意見は正しく、誰が見たって“慰安婦像”の大量生産やそこかしこに並べる大量設置は、外国人たちから見て“異様”でしかない。人気アイドルやキャラクターが、あちこちの街角でポスターを貼られているとか、等身大の人形が置かれているのと大差はない。先頃は、ソウル市内を走るバスの中にも“慰安婦像”を乗せて走るバスが出て来ているらしい。確かに“熱狂的なファン”が思いつきそうな行為だ。ただ、あの“慰安婦像”というやつ、いま一つ“芸術的”じゃない。とても“カワイイ”とは言えないし、“美しい”わけでもない。必ず、何故か横に“並んで座る椅子”が付いていて、何んと、バスの中の像にもそれはあって、何となくバランスが取れていなくて、見栄えも良くない。記念撮影用なのだと思うが、自国の“慰安婦”と一緒に並んで写真を写すというのは、日本に置き換えるなら“外人相手の人気風俗嬢”と並んで写真に撮られるようなものなのだが、それを嬉々として行う“若い女性達”の心境というか、或る種の気恥ずかしさはないのだろうか。日本人女性なら、とても“外国人相手の人気風俗嬢”と並んで写真を写すのは、気恥ずかしくて出来ないような気がするのだ。もっとも、このところ訪日韓国人たちが急増している事実を考えると、どうも韓国人というのは、好きだからこそ“大っ嫌い”という少女の心境に似た性質を持っているようで可愛くもある。その内、“慰安婦像ペンダント”とか“慰安婦像ストラップ”とかを付けて来日してくれると解かりやすくて良い。そう言えば昔、韓国へ行ったとき美容家IKKOさんの等身大パネルが立っていた。あれって“アイドル的存在”だったからなのかなあ…。


最近の記事はこちら

仮想通貨は持っても、現金決済する日本人

不思議な国「日本」。何しろ“形の無い”通貨=「仮想通貨」を沢山の人達が持っているのだ。何んと世界一。その一方で、実際に支払いに使用しているのは圧倒的に“現金”。それを証明するデータが公表された。日本、…続きを読む

誰も悪くないのに…

世の中には、誰も悪くないのに“不幸”が忍び寄って来ることがある。女優の藤真利子さんは、10年間の自宅介護生活を経て2016年11月に母親・藤原静枝さんを亡くした。4歳の時に人気作家だった父親・藤原審爾…続きを読む

東京五輪の「江頭2:50」が危ない!

そう言えば、この人、どこにでも出かけていく。平昌五輪に出掛けて行って「北朝鮮の美女応援団」の手前で“独特のポーズ”をとっていたとしても驚くに当たらない。ネットユーザーが見つけて拡散したらしいが、そのざ…続きを読む

毎年1000名以上が「凍死」している

今年は全国的に“寒い冬”だと言われる。確かに寒い。だが日本では、まだ「凍死」するほどの寒さではないだろう。誰もが、そう思う。ところが、そうではないのだ。実際に“凍死している”人達が沢山いるのだ。それは…続きを読む

札幌市が“二つの問題”で揺れている

昔と違って、行政が頭ごなしに“物事を決めていける”時代ではなくなった。ましてや周辺環境の整備問題や、莫大な税金が投じられる問題の場合には、なおのことである。札幌市の場合、今年は“二つの問題”で、揺れに…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.