今日の迷言・余言・禁言

「慰安婦像」と「朴槿恵像」が重なる

韓国の朴槿恵前大統領が収監された。独房へと入る前にしばし立ち止まり、涙を流したという。彼女が大統領になる時、誰が今日を予測したであろうか。確かに韓国の大統領というのは、呪われてでもいるかのように、その後の人生が悲惨な人たちが多い。殺害されたり、自殺したりしている人物が多いのだ。それにしても在職中に国民から指弾され、罷免され、独房に収監された。革命期のマリー・アントワネット王妃のようですらある。アントワネットの場合は、元々が“国民の声”に耳を傾けず、贅沢三昧をしていたから仕方がないともいえるが、朴槿恵大統領の場合は、その点かなり違う。或る意味で国民の声を“聴き過ぎた”ともいえる。その結果、日本を攻撃対象とし、日本の総理に対して“非礼”を重ねた。さらに世界各地に“慰安婦像”を建てた。皮肉なことには“慰安婦像”が増えるごと、韓国内は混乱し、朴槿恵大統領の政権は傾いていった。就任当初、圧倒的な支持を誇っていた政権は、いつしか吊し上げをくらい、罪人に仕立て上げられていた。私はかつて“慰安婦像”を建てることは、かつての日本軍の英霊に対し“唾を吐きかけている”ような行為で、恨みを買うことになるだろうと警告した。けれども、その後も“慰安婦像”は撤去されず、増え続けた。結局、英霊たちの“恨み”を買った結果、罪人としての生活を送る羽目になったのだ。日本に対して“過去の反省を促そうとした人物”は、今、自らの過去の反省を促さねばならない立場に追い込まれている。それも、もとをただせば“国民の声”を聴き過ぎたが故のことなのだ。今日、インターネットの普及は、大衆の多くが、今、何を求めているか容易にわからせる。けれども、大衆の多くの声が、常に正しいとは限らないのだ。


最近の記事はこちら

“車離れ”は「本当の先進国」になった証拠

“若者の車離れ”に歯止めが掛からない。それを何んとか防ごうと、19日、トヨタは新しく「GR」シリーズを発売すると発表した。スポーツカーブランドを一新することで、低迷が続く国内の自動車販売をテコ入れした…続きを読む

「生前継承」された7代目の“宗教”

先日、テレビで今も継承され続ける「カクレキリシタン」に関するドキュメンタリーが放映されていた。その中で印象的だったのは、現在の指導者が口にした“普通のキリスト教やカトリックとは違う”という発言だった。…続きを読む

甲冑姿の「サムライ」が刀を向ける

近年の歴史・時代物ブームで“古戦場跡”観光というものが盛り上がっている。それ自体は良いことなのだが、その“古戦場跡”の一つ「関ケ原」で全身甲冑姿の「サムライ」が、山頂に続く階段を登りきったところで待ち…続きを読む

「時代について行く」選択は正しいのか

毎日、そこかしこに情報があふれている。無意識にわれわれは、その情報の多くを吸収しながら生きている。それが「時代について行く」という“生き方”である。けれども、本当に、それが“幸福な生き方”なのかどうか…続きを読む

「ノーベル賞の卵」が“非正規雇用”で働く

山中伸弥氏と言えば、謂わずと知れた“ノーベール賞科学者”である。現在は京都大学の細胞研究所所長を務めている。そのHP上に「ご支援のお願い」が掲載された。彼によると、研究所で働く教職員の9割が“非正規雇…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.