今日の迷言・余言・禁言

「慰安婦像」の逆襲

これまで韓国は世界各地に「慰安婦像」を作ろうと躍起になっていた。ところが、ここにきて“そんなことをやっている場合ではない”とようやく気付き始めたようだ。今、朴大統領は最大のピンチだが、どうやらそれは“親友の国政介入疑惑”だけがが問題となっているのではない。国民の多くは、韓国経済に対しての“危機感”を強めているのだ。最近行われた調査によると、韓国人の実に90.4%が自国経済の先行きに対して“危機感”を持っていることが明らかとなった。確かに、サムスンもヒュンダイも明るいニュースがない。韓国経済はこれらいくつかの企業だけがけん引している。したがって、これら主要企業の不振が続くと、一気に冷え込むのだ。元々そういう“危うさ”を抱えているのが韓国経済なのだ。日本との関係悪化、北朝鮮との関係悪化に加えて、最近は中国やアメリカとも“微妙な関係”に変わりつつある。世界各地への「慰安婦像」の設置は、必ずしも日本を攻撃する材料とはならず、むしろ、そこにこだわり続ける韓国民の“狭量さ”を浮かび上がらせるものに変わりつつある。結局、世界各地で戦争はなくならず、“昨日の友”が“今日の敵”となりうる事態は変わっていない。数百年の間に「世界地図」は目まぐるしく変わる。原初のまま永遠に続く国家も民族も、実は存在しない。世界地図が常に“塗り替えられながら”今日まで来ていることを、韓国民は忘れていたのだ。いつしか“敵”は“味方”に変わり、“味方”が“敵”へと変わっていく。哀しいかな、それが「歴史」なのだ。今後、数百年たった時、世界各地の「慰安婦像」はどうなっているだろう。それらが「朴槿恵像」に変わっているかもしれないという幻想を誰が否定できるだろうか。


最近の記事はこちら

「ふれあい」で“地位”も“名誉”も失う時代

いつからだろうか。「ふれあい」が「セクハラ」という言葉に変わったのは…。もはや優しく抱きしめるとか、肩を抱き抱えるとか、そっと頭を撫でてあげるとか…そういう行為も、みんなみんな「セクハラ」にされて、職…続きを読む

「♪心ひとつで…」大寒気に襲われる日本

どっかで聞いた気もするけど、よく知らない言葉の一つ「ラニーニャ現象」。海流と大気の状態から、今後一年、日本全体が低温化する可能性がある現象がペルー沖で発生したらしい。まずい。寒いのは困る。それでなくて…続きを読む

自らの「終活」に入った明石家さんま氏

18日に放映されるNHKの音楽番組で、タレント明石家さんま氏が元妻で女優の大竹しのぶさんを“禁断ゲスト”に招き、二人でトークやデユエットを行ったという。別の局だが、最近、明石家氏は単独トーク番組で“真…続きを読む

「ビットコイン」大暴落の予感!

一部で「未来の通貨」としてもてはやされているのが「ビットコイン」をはじめとする仮想通貨だ。つまり、実際には手にすることの出来ない“お金”。う~ん、解かったような解らないような…。まあ“あやしいモノ”と…続きを読む

永遠の“聖地”&“戦地”であるエルサレム

アメリカのトランプ大統領は7日、エルサレムをイスラエルの首都であると認定した。日本人にとっては、別にどうでも良い話なのだが、世界はこれに著しく反応した。大昔から“イスラエル・パレスチナ問題”というのは…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.