今日の迷言・余言・禁言

「慰安婦像」の逆襲

これまで韓国は世界各地に「慰安婦像」を作ろうと躍起になっていた。ところが、ここにきて“そんなことをやっている場合ではない”とようやく気付き始めたようだ。今、朴大統領は最大のピンチだが、どうやらそれは“親友の国政介入疑惑”だけがが問題となっているのではない。国民の多くは、韓国経済に対しての“危機感”を強めているのだ。最近行われた調査によると、韓国人の実に90.4%が自国経済の先行きに対して“危機感”を持っていることが明らかとなった。確かに、サムスンもヒュンダイも明るいニュースがない。韓国経済はこれらいくつかの企業だけがけん引している。したがって、これら主要企業の不振が続くと、一気に冷え込むのだ。元々そういう“危うさ”を抱えているのが韓国経済なのだ。日本との関係悪化、北朝鮮との関係悪化に加えて、最近は中国やアメリカとも“微妙な関係”に変わりつつある。世界各地への「慰安婦像」の設置は、必ずしも日本を攻撃する材料とはならず、むしろ、そこにこだわり続ける韓国民の“狭量さ”を浮かび上がらせるものに変わりつつある。結局、世界各地で戦争はなくならず、“昨日の友”が“今日の敵”となりうる事態は変わっていない。数百年の間に「世界地図」は目まぐるしく変わる。原初のまま永遠に続く国家も民族も、実は存在しない。世界地図が常に“塗り替えられながら”今日まで来ていることを、韓国民は忘れていたのだ。いつしか“敵”は“味方”に変わり、“味方”が“敵”へと変わっていく。哀しいかな、それが「歴史」なのだ。今後、数百年たった時、世界各地の「慰安婦像」はどうなっているだろう。それらが「朴槿恵像」に変わっているかもしれないという幻想を誰が否定できるだろうか。


最近の記事はこちら

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

現存する世界最古(⁉)「金箔天文図」公開

何となく「金箔天文図」などと言うと“妖しく”聴こえて良い。実際に金箔を貼り付けた天文図なのだから「金箔天文図」であるのは間違いがない。そして、現存する天文図としては一応“世界最古”であることも事実だ。…続きを読む

「ノーベル平和賞」って“何”だろう

「世の中」には、“わからないこと”というのがいろいろとある。「ノーベル平和賞」という「賞」もその一つだ。まず、科学的な「賞」と違って、その根拠というのが今一つ解かりにくい。例えば今年度の「ノーベル平和…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.