今日の迷言・余言・禁言

「慰安婦像」増えると「訪日韓国人」増える⁉

不思議な法則があるものだ。どうしてそうなのかは誰にも答えられない。けれども間違いなく、データはそれを表わしている。だから日本人も「慰安婦像=少女像」が増えることに神経をとがらせてはいけないのかも…。何しろ「訪日韓国人」は、間違いなく慰安婦像が多くなるにつれて多くなっているのだ。このところ、それは急増しつつある。韓国では「少女像」と称しているらしいが間違いなく「慰安婦像」である。そして「慰安婦像」ということは現代的には「風俗嬢」である。国中それを建てているのだ。しかも記念写真が撮れるよう傍に座れる椅子が付いている。男女を問わず恥ずかしげもなく“風俗嬢”と一緒に映りたがる。「最終的かつ不可逆的な解決」が行われた2015年12月から慰安婦像の設置が増え始め、2019年1月の時点で112体になったと報道されている。さらに世界各地に設置しようという計画もあるらしい。不思議なのは、それと並行して「訪日韓国人」が増えてきていることだ。2018年には753万人が日本を訪れた。これは前年比で5.6%増である。2015年以降どんどん増えている。わが北海道だけでも台湾からの観光客とほぼ同数にまで増えて、一昨年統計で280万人が来てくれている。どうして中国人観光客よりも多いのだろう。韓国の外相は国連で“日本への非難”をアピールし続けているが、それなのに自国の人々が日本に来ちゃうのは、この不思議な法則のせいだとしか思えない。問題は姉妹都市を結んでいる各地域で、日本の秩父市、福岡市、熊本市、萩市などが韓国の都市と“姉妹都市”となっている。そのため秩父市など、本来なら市職員の“相互派遣”等を行う予定だったのだが、安全が確保できないとして見送らざるを得ない状況となっている。大阪市の場合には、サンフランシスコ市と姉妹都市だったのだが、慰安婦像の設置でそれを解消した。この際だから、日本から“風俗嬢御守り”を訪日韓国人の方達には来日記念品として差し上げるというのはどうだろう。そうそう「慰安婦像」の“像”には何故か実際の衣裳が着せられている。銅像はたいていハダカなのに、慰安婦像なのに、どうして衣装を着せているのだろう。


最近の記事はこちら

インディオが怖れる「黒い雨」が降る

太古そのままに密林を伴って南米を流れているのがアマゾン川だ。南米の“母なる川”と言っていい。そのアマゾン川で“異変”が起こっている。森林火災が異常発生しているのだ。今年に入ってブラジルで発生した“森林…続きを読む

やがて「香港」は“廃墟”と化すのか⁉

私が最初に《飲み込まれていく「香港」》というタイトルで、その“危うさ”を書いたのは数年前だ。それから2018年1月15日には《台湾やマカオまで「一つの中国」と言われても…》と不吉な予兆について書いた。…続きを読む

“7度目”と“4度目”の「愛の終着駅」

日本人は他の人種に比べて「執念」というものが、それほど強くない。「和食」で“こってり”とか“とことん”とかいう表現はほとんど出て来ない。どちらかと言えば“あっさり”や“さっぱり”を好むのが日本人なのだ…続きを読む

「令和」が感じられない“即位記念切手”

意外に気付かないでいた10月からの“切手代値上げ”だが、それを気付かせる意味もあってのことなのかどうか知らないが、10月18日から「天皇陛下即位記念」の新たな切手が発行されることが公表された。昨日、そ…続きを読む

「風水家相」で大切なのは“基礎的な事実”

吉本興業の“闇営業問題”で謹慎処分になっていた芸人たちの多くが8月19日に「東京吉本」の舞台に立った。その中にはスリムクラブの内間政成氏の姿もあった。彼は妙な形で多くの同情を集めている。何度か5年前に…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.