今日の迷言・余言・禁言

「憲法9条」にしがみつく時代ではない

日本の“事前調査”というのは、どこかのお国と違って“きわめて正確”である。したがって、終盤になって“番狂わせ”が起こるということもなく、報道各社の事前予想通りの選挙結果になった。これでどうやら「憲法改正」は可能なようである。ただ「立憲民主党」が急速に支持を集めたということは、それだけ「憲法改正」とりわけ「9条」を“変えたくない”方達が大勢いることを表わしてもいる。確かに「日本の平和」は維持したい。それは誰もが共通の想いだ。けれども、世界は刻々と変わっている。日本だけが「わたしたちは戦争をしません」と叫んでも、それで戦争に巻き込まれないという保証はない。ましてや北朝鮮に近い日本にとって、いつ“火の粉”が降りかかって来るか、絶対に回避出来ると保証できる人などいない。「アメリカが守ってくれる」という“おまじない”も、これからは効きそうもない。そうだとすれば、きちんと改正論議をして、極力、平和を維持できるような“新しい形”を早急に作っていく方が現実的なのだ。「皇室典範」にしても、きちんとした形を早く作ってあげた方が良い。「日本国」というのは、地理的にも、人種・民族的にも、言語的にも、きわめてまとまっている国で、そういう意味では“一つの国”としてのまとまりが良い。アメリカや中国は国土が広すぎ、人種や民族も統一性がなく、そういう意味からは“これからの時代”を「一つの国」として生きていくのは中々に難しい。どこかで“強引に統制”をしないと、纏めきれなくなっていくような気がする。日本の今後の問題は「資源の乏しい国」なので、それをどう克服していくかに掛かっている。「資源の乏しい国」を「黄金の国」に変える魔法は、海底資源の開発を積極的に進めること、日本の“技術”や“文化”や“製品”を世界に売り込んでいくこと、そして、そして、もう一つ、日本が独自開発した「運命学システム」で“幸運をつかむ方法”を世界に普及させていくこと…って、大丈夫⁉


最近の記事はこちら

新社名「大樹生命」は、“巨木”に生れ変れる⁉

古くからの会社が継続していることで知られる“生命保険”業界。会社そのものの業態についはよく知らなくても、その社名だけは“知っている”という企業が多い。そういう企業名の一つであった「三井生命」が、今年4…続きを読む

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.