今日の迷言・余言・禁言

「我が生き方」貫く耳の「くの字型」内郭

「人は見掛けによらぬもの」という教えがあるが、実際、そう思うこともあれば、思わないこともある。合成麻薬所持で逮捕となった沢尻エリカ容疑者の場合はどうだろう。「見掛けどおり」と思う人もいるだろうし「見掛けによらない」と思う人もいるだろう。かつての「別に…」発言以降、嫌う人は徹底的に嫌い、応援する人はどこまでも応援するという“好き嫌いが分かれやすい人物”であることは確かだ。今回も、一節には“謝罪を拒否した形”の保釈とも言われる。観ようによっては「これぞエリカ様」で、そのイメージを見事貫いている(?)と、言えないこともない。私が注目するのは彼女の“耳の形”である。実は個性の強い女優には、耳の内郭部が外輪の外まで突き出ている人が多い。一見、大人しそうに見えても、そういう人は自分の“思想・信条・生き方”に関しては絶対に曲げない。どんな境遇に置かれていても、自分の「意」に反するものを受け入れようとはしない。妥協は出来ない性質なのだ。それが徹底している。同じ耳の内郭が外輪の外まで飛び出す形でも、内郭そのものの形が、丁度ひらがなの「く」を逆向きにした形状の内郭がもっとも「我が生き方」に固執する。女性なら幼い頃から「じゃじゃ馬」的なところを持っている女性なのだ。沢尻エリカ容疑者の耳の形状は、文字通り“その典型”である。但し、それ以外の部分は特別、問題になるような相を見掛けない。したがって、社会生活上では必ずしもそれが支障となることは少ない。けれども、耳は元々外部から見えにくいところで、プライベートの生活においてはその“特徴”がもろに出る。したがって、こういう耳を持っている女性は、昔の相書では「後家相」の一種とされた。後家とは“夫に先立たれた女性”が本来の意味だが、観相学的には“結婚運の良くない女性”全般を指す。江戸時代においては、武家に嫁いだ場合、夫が戦で命を落とすことは珍しいことではない。現代より、後家の確率ははるかに高かった。もう一つ、耳の外輪を家庭の枠と見て、内郭が飛び出す人は「家の枠内に収まらない女性」と観る場合もある。専業主婦には向いていないということだ。したがって、代々家業を継承してきている家系では、内郭が飛び出ている子供は家業の継承者になれない。これは男女ともそうである。十代半ばになったら、家を飛び出す用意をしていると思っていた方が良い。沢尻容疑者も、海外に渡って生活した方が“我が生き方”を貫けるのかもしれない。


最近の記事はこちら

「ペスト・感染症」が歴史を塗り替えて来た

厳密に言えば「新型コロナ」と「ペスト」は同一ではないが、運命学的な見地で言えば“同類感染症”である。そこで、現在のような状況に陥った時、もっとも重視すべきは「ペストの歴史」なのだ。ペストというのは“ネ…続きを読む

「誰も悪くない」という奇妙な結論

裁判上の“争い事”には、時として“双方痛み分け”のような結論になるケースがしばしばある。この事件の場合、本来の主役は「無言」を貫く。あれほど騒ぎ立て、マスコミさえもリードし、全国のアイドルファンを味方…続きを読む

一寸先が「闇」から「金」へ⁉

予測しにくい状態のことを「一寸先は闇」というが、まさに「人の運命」はその代表的なものである。池江璃花子選手と言えば、水泳界における“我が国のホープ”である。ところが、昨年、予期せぬ“病魔”が彼女を襲っ…続きを読む

“感染”と「サターンリターン」の不思議

タレントの志村けん氏が“新型ウィルス”の感染者だったことが判明した。その志村氏が出演した番組が放送され、その中で39年も前に“結婚”を意識して交際した女性の名が明かされ、その女性との再会も果たすことが…続きを読む

東京五輪の「札幌マラソン」5月上旬~6月上旬が理想的

すったもんだしたあげく“延期”と決まった「東京五輪」だが、開催時期は一年以内で注目の「札幌マラソン」は変更しないということらしい。つまり、来年の夏までに開催されるが、マラソンの場所は「札幌」のまま変更…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.