今日の迷言・余言・禁言

「手相に戻るなよ」と言いたい「M-1島田秀平」

私は基本的に人に対してはあまり干渉する方ではない。けれども、こういうのは“占術界”にとってちょっと困るのだ。だから、あえて書くことにした。手相芸人・島田秀平氏が今年の「M-1グランプリ」に元コンビの赤岡典明氏と「号泣」を再結成して出場するというニュースだ。実は、私は島田秀平氏が“漫才コンビ”であるとは知らなかった。元々“ピン芸人”だと思っていたのだ。ところが実際には1996年から2008年までは「号泣」という漫才コンビで活動していたらしい。しかし、漫才コンビとしては売れなかった。だから辞めてしまおうとしていた時、和田アキ子氏の一言で、破れかぶれのように始めたのが「手相芸人」だった。いまでこそ“芸人”は何かしらの趣味を武器に“売り込み”を掛けることが当たり前になったが、当時としては珍しかった。だから島田氏が趣味としてかじっていた手相を前面に押し出し「手相芸人」の看板を掲げた時、それはTVに新鮮に映った。だから、あっという間に「手相家・島田秀平」が誕生したのだ。それまでとは違った線の名称。ユニークな線の解説。オーバーなリアクション。芸能人たちを題材としての手相講義。それらが、若い視聴者に受けた。彼が相次いで出した手相の本はベストセラーとなった。こうして「手相家・島田秀平」は時代の寵児となった。さまざまなTVに引っ張りだことなった。ところが“にわか仕込み”の手相術は意外に早く衰退が始まった。以前にも一度書いたが、島田氏の売り込みを担当していた女性が、私に対して「波木先生の占星術のアスペクト理論を島田のものとして売り出したい」という話が来た。私は驚いた。彼は「手相芸人」ではなかったのか。それに「島田のものとして売り出したい」とはどういうことか。私は「島田秀平氏が波木星龍の弟子」という形でなら、そうしても良い、という条件を付けた。結局、この話は流れた。確かに、知名度から言えば「島田秀平」は全国区であり、彼の発見などとして売り出せばあっという間に、私の“アスペクト判断法”は認知されるかもしれない。けれども、そこまでして私は自分の占星術を安売りしたくない。彼が、本業ともいうべき「漫才」で復活しようとするのは良い。けれども、もし「手相芸人」として人気復活のために「M-1」を目指すのだとしたら間違っている。「占いの世界」は“覗き見”で力を発揮できるほど、甘くはないのだ。


最近の記事はこちら

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

現存する世界最古(⁉)「金箔天文図」公開

何となく「金箔天文図」などと言うと“妖しく”聴こえて良い。実際に金箔を貼り付けた天文図なのだから「金箔天文図」であるのは間違いがない。そして、現存する天文図としては一応“世界最古”であることも事実だ。…続きを読む

「ノーベル平和賞」って“何”だろう

「世の中」には、“わからないこと”というのがいろいろとある。「ノーベル平和賞」という「賞」もその一つだ。まず、科学的な「賞」と違って、その根拠というのが今一つ解かりにくい。例えば今年度の「ノーベル平和…続きを読む

「波木星龍インタビュー記事」は誰に役立つ⁉

時々よく解からない取材や問い合わせが来る。私に対する“インタビュー取材”も、そういう“わからないこと”の一つだ。過日も別々の電話占いの会社から“取材”を受け、それが記事としてまとめられた。その一つは「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.