今日の迷言・余言・禁言

「手相の線」に“名前”が無くなったら…

何日か前、手相の方で名前を知られる「にしけい」こと西田圭一郎氏が、私の元を訪ねてきた。彼は手相の本を矢継ぎ早に何冊も出している“新進気鋭⁉”の手相家である。鑑定の方ではなく「占い教室」という形で私に対し、いろいろと質問したい、ということだった。彼は最初に「録音しても良いか」とまず尋ねた。私は、どなたに対してもそうだが、録音を拒んだことはない。何をどういう風に公開されてもかまわない。私は、そういう点、元々“無防備な性質”である。私が占いを教えた方の中には、私の“無防備さ”にあきれて「先生、特許申請とか、転載禁止とか、波木流占いの“発見”を守らないと、利用されちゃいますよ」と親切にご忠告くださる方もいる。だが、そんなものは、どうでも良い。私は、私の占いの研究成果が、少しでも“後世”に伝わって、私の研究や発見を深化・普及させてくれる人が出てくれば良い、と思っているだけだから。さて、にしけい氏は私が予想したよりも“まともな人物”であった。もう少し“奇異”なところを持っている人物かな…と思っていたので、少しだけがっかりとした。ただ才能は十分に感じられた。同時に、迷いも感じられた。彼は、自分の“方向性”を少しだけ見失っているようにも思えた。彼の述べて来たことの中で「私は手相の“線”に名称があること自体ナンセンスだと思っているんです、名称なんてすべて無くした方が良いと思う」と述べた。手相の線の名称は、あくまでも「仮称」である。そんなことは手相の探究者なら誰でも感じる。まるでご自身だけの主張でもあるかのような言い方をされたが、昔から欧米の一部研究者は同じような主張をしている。けれども、それでは解かり辛いのだ。生命線を「A線」とか、結婚線を「F線」とか言っても、解かり辛い。伝統的名称を使ったからと言って、困ることはない。元々「名称など、在って無きモノのようなもの」と捉えておけば、その名称に惑わされることもない。無理に名前を無くして、解かり辛くする必要はない。にしけい氏はメモを見ながら、多数の質問をしてきたのだが、どういうわけか時間が余ってしまった。私が思うに、本当はもっと質問を用意していたのだが、途中で、いくつか省いていったような気がする。彼のような“真摯な研究者”がもっとたくさん出て来てほしい。そうすれば、もう少し、占い業界も活発に議論が戦わせられるのだが…。


最近の記事はこちら

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.