今日の迷言・余言・禁言

「撃ってみんかい」と「被ってみんかい」は危険

昨日、白昼、神戸の住宅街で暴力団同士の抗争事件があり、一人の男が頭を打ち抜かれて死亡した。男は新組織「任侠山口組」の代表・織田絆誠氏の“警護役”楠本勇浩氏(44歳)。銃撃したのは「神戸山口組」の暴力団員である。実は「任侠山口組」というのは、元々は「神戸山口組」傘下にあった組がいくつか離脱し、4月に決起した新組織なのだ。その代表の自宅周辺で事件は起こった。新組織のメンバーたちが乗っていた車に、元々の組織の組員たちが乗った車両がぶつかって来たのだ。当然、両方の車から組員たちが下りた。激しい言い争いとなり、取っ組み合いとなる。そこで一発、銃が発砲された。この時、銃弾は“警護役”の身体をかすめた。むっくりと立ち上がった警護役は「撃ってみんかい」と仁王立ちとなった。神戸山口組の暴力団が狙いを定めた。銃弾は見事に頭に命中、楠本氏はスローモーションのようにその場に倒れた。「撃ってみんかい」と挑発しなければ、或いは殴り合いで収まったかもしれない。暴力団への挑発は危険なのだ。同じように“不倫関係”で夢中になっている者同士の挑発も危険なのだ。「被ってみんかい」と言われると、思わず、被ってしまうかもしれない。どんなに汚れた下着であろうと、愛する人のためなら“被ったまま”写真に写ってしまうかもしれない。だから、不倫関係で夢中になっている者同士には、変な“挑発”をするのは危険なのだ。日頃、神聖な祈りを捧げている人の“ショーツ”であれば、汚れていても神聖に思えてしまうかもしれないのだ。だから、教訓として“暴力団”と“不倫に夢中”の人達には、挑発するのは「危険」だということを、われわれは学んでおかなければいけない。


最近の記事はこちら

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

「貿易戦争」が「仮想通貨」を上昇させる⁉

アメリカから第4弾の“制裁関税”が通告された14日から、中国の外務省はそれまでの「貿易摩擦」という表現をやめ「貿易戦争」という表現に切り替えた。このタイミングに合わせるかのように一気に暴騰したものがあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.