今日の迷言・余言・禁言

「撃ってみんかい」と「被ってみんかい」は危険

昨日、白昼、神戸の住宅街で暴力団同士の抗争事件があり、一人の男が頭を打ち抜かれて死亡した。男は新組織「任侠山口組」の代表・織田絆誠氏の“警護役”楠本勇浩氏(44歳)。銃撃したのは「神戸山口組」の暴力団員である。実は「任侠山口組」というのは、元々は「神戸山口組」傘下にあった組がいくつか離脱し、4月に決起した新組織なのだ。その代表の自宅周辺で事件は起こった。新組織のメンバーたちが乗っていた車に、元々の組織の組員たちが乗った車両がぶつかって来たのだ。当然、両方の車から組員たちが下りた。激しい言い争いとなり、取っ組み合いとなる。そこで一発、銃が発砲された。この時、銃弾は“警護役”の身体をかすめた。むっくりと立ち上がった警護役は「撃ってみんかい」と仁王立ちとなった。神戸山口組の暴力団が狙いを定めた。銃弾は見事に頭に命中、楠本氏はスローモーションのようにその場に倒れた。「撃ってみんかい」と挑発しなければ、或いは殴り合いで収まったかもしれない。暴力団への挑発は危険なのだ。同じように“不倫関係”で夢中になっている者同士の挑発も危険なのだ。「被ってみんかい」と言われると、思わず、被ってしまうかもしれない。どんなに汚れた下着であろうと、愛する人のためなら“被ったまま”写真に写ってしまうかもしれない。だから、不倫関係で夢中になっている者同士には、変な“挑発”をするのは危険なのだ。日頃、神聖な祈りを捧げている人の“ショーツ”であれば、汚れていても神聖に思えてしまうかもしれないのだ。だから、教訓として“暴力団”と“不倫に夢中”の人達には、挑発するのは「危険」だということを、われわれは学んでおかなければいけない。


最近の記事はこちら

「アップルウォッチ」が“殺人”を暴くか⁉

トルコ政府に近い地元紙「サババ」は13日、イスタンブールのサウジアラビア総領事館を10月2日に訪問して後、行方不明となっているサウジ人の新聞記者カショギ氏が、サウジアラビアから来た“暗殺集団”に激しく…続きを読む

なぜか『ムー』だけが残った

10月12日から都内で秘かに開催されているのが「創刊40周年・ムー展」である。1979年10月の創刊から正確に言うと来年で40周年になる。まあ1年前倒しでの“40周年記念イベント”らしい。創刊当時から…続きを読む

「中高生アイドル」の問題点

今年3月に自殺した松山市を拠点とする“農業アイドル”「愛の葉ガールズ」の大本萌景(ほのか)さん・享年16歳のご遺族が、娘が自殺したのは所属事務所社長のパワハラが原因として9200万円の訴訟を起こした。…続きを読む

「別件」が気になる「ミイラ取り捜査官」

時々、ニュースそのものよりも、その“関連事項”の方に惹きつけられることがある。札幌駅付近で10月10日に逮捕された成田順容疑者の「覚せい剤事件」もそうだ。実は彼は2008年4月から、ずっと“薬物捜査”…続きを読む

「福」をもたらすドロドロ鬼神

10月8日9日に沖縄の宮古島に行くと、あなたにもきっと「福」が授けられる。但し、少々汚くなるし、泥臭くもなるけど、その辺は我慢しなければならない。この島では毎年、国の重要無形民俗文化財にもなっている「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.