今日の迷言・余言・禁言

「改名」は“画数”だけ良くても…

「有吉反省会」というTV番組でミニスカポリスなどで知られるグラドル大原かおりさんが出演し、事務所に内緒で勝手に改名していたことを“反省”した。どう変えたのかというと「大原かおり」を「大原がおり」に“改名”したのだそうだ。つまり「か」を「が」に変えたのだ。その理由は姓名判断で「か」の文字が、あと二画数ふえれば“幸運な名”になれるというので考えたが見つからず、苦肉の策で「が」を思いついたということらしい。う~ん、日本の姓名学で“最も多い誤り”を、この女性タレントも犯している。まず、その前に、改名するなら芸能人なのだから一応、所属事務所は通した方が良い。それに、せっかく改名するのであれば、多くの人に「変わった!」と印象付けられる改名の方が良い。「かおり」から「がおり」に変えても、正直、言われなければ気付かない。そういう“微妙な変え方”だと、仮に変わるとしても“微妙に”しか変わらないものだということを気付いてほしい。多分、この人はご自分の“運気”を大きく変えたかったはずだ。それなら“目立たない改名”は止めた方が良い。ところが、占い師の元に“改名”を求めて来られる人の中にも、この“ちょっとだけ改名”をやりたがる人が多い。つまり、漢字の一文字だけを変更したいとか、同じ読みが出来る文字での改名をしたいとか、そういう人が多いのだ。けれども、私は基本的に、そういう改名ならしない方が良いと思う。なぜなら、それでは“根本的に変わらない”からだ。根本的に変わらなければ、運勢を“大きく変える”ことなど出来ない。運勢を“大きく変えたい”のであれば、その名前も“大きく変えなければ”意味がない。変わりようがないのだ。但し、ご自分の名前に“愛着”の在る人は、運勢が悪いからと言って、着やすく名前を変えるべきではない。そういう人の多くは、また元に戻そうとしたりするからだ。ご自分の“名前が嫌いな人”が“心機一転”で名前を変えるのは大いによろしい。そういう人はすぐに“新たな名”に馴染むことが出来るし、改名効果が表れやすい。もっとも、いつも言うことだが「改名」は画数が良ければ、それで良いというものではない。特に、強引に読ませる“当て字”を使うのはもっとも良くない。へんてこりんな文字合わせで命名している占い師が、プロにもいるが、困ったこととしか言いようがない。誰が見ても“読めない名前”に、幸運が宿るはずなどないではないか。


最近の記事はこちら

習近平&トランプ「暴露本」で、勝つのはどっち⁉

アメリカと中国の貿易戦争が“休戦中”の今、にわかに注目され出したのが「習近平氏の暴露本が出る」という話題だ。もちろん、中国ではなくてアメリカで出る。元々は2015年に香港の銅羅湾書店というところから出…続きを読む

眼が“斜め型”女性の「危険なアルバイト」

一般的な日本人にとって「爬虫類」は“怖い生き物”、或いは“気味の悪い生き物”の印象が強い。私は爬虫類でなくても動物は苦手だが、そういう“生き物”を怖がらない人たちもいる。彼女の場合も、おそらくそうであ…続きを読む

男性社員たちの「奇妙な追悼」の違和感

ときどき私には「理解不能」としか言いようのない出来事が“芸能界”では起こる。例えば過日亡くなった芸能事務所社長・ジャニー喜多川氏に対して、その所属していたタレントたち、要するに男性社員たちなのだが、そ…続きを読む

「優秀な外人」と「粗悪な外人」に挟まれながら…

昨日、今後の日本を考える上で貴重なデータが公表された。十年連続で人口減となったが、その比率は徐々に拡大している。つまり「少子化問題」は待ったなしなのだ。そこでというわけでもないのだろうが、外国人の比率…続きを読む

「アイドル」で“失ったもの”は、もう戻らない

「或る朝、眼が覚めると、僕は有名になっていた」とは詩人バイロンの言葉だが、似たような雰囲気で日本のアイドル達も誕生していく。それは或る意味で、夢見る少女たちにとって“シンデレラ物語”のように魅惑的であ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.