今日の迷言・余言・禁言

「政治塾」に“書類審査”は必要か

4月1日、野田聖子氏が塾長となって岐阜市内で「女性向け政治塾」がスタートしたらしい。そして自らが政治家となって「32年経った今でも政治の中に女性はほとんどいない」と嘆いていたらしい。確かに日本では、まだまだ女性政治家は少ない。けれども、だからと言って、それがそのまま“女性が活躍できていない”と捉えるのは少し違うような気がする。今や女性は“あらゆる分野”で活躍している。「日本」という国は、一部の方達が言うほど女性が活躍しにくい社会ではない。私のお客さんでも、女性で経営者や自立して活躍している方はたくさんおられる。確かに“政治分野”に進出する女性は少ないが、もともと政治の世界というのは、体力とか、説得力とか、指導力とか、どちらかというと男性の方が優っている部分が求められる分野でもある。だから比率的に男性が多くなるのは仕方のない面もある。そういう意味では野田聖子氏のような“肝っ玉母さん型”の女性政治家がもっともっと育って欲しいと誰もが願うところだろう。ただ私が引っ掛かったのは、この「政治塾」が“書類審査”を必要とする、という部分だった。そして応募した女性が200名もいたのに、実際に参加させてもらえたのは72名だったという点である。なぜ、そんなに“絞り込む”必要があるのか。自ら「女性が出て来ない」と言いながら、出て来ようとする女性を“選別”していては、自らが“垣根”を作っているようなもので、今一つ“開かれた政治塾”という印象を受けない。例えば、私は自分のところに“占いを学ぼう”とする方を、選別したことは一度もない。ただ遠方すぎる方とか、毎週通えない方とか、約束を守らない方はご遠慮いただくが、それ以外の方を選別したことはない。それは、実際に学ばれていくうちに、自然と淘汰され、学び続けた方だけがプロとしての技量を身に付けていくことをたくさん見て来たからだ。基本的には、どの分野でも、この点は同じだと私は思っている。最初の「扉」を狭くしてどうするのか。これが2000人も応募があったのなら書類審査も解かるが、たかが200人ではないか。小学校しか出ていない「天才・田中角栄」は、書類審査なら落とされたのではないだろうか。


最近の記事はこちら

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.