今日の迷言・余言・禁言

「敗者」が“美しいこと”もある

「オレらしく引き際はすっきりしたい」と試合後“引退表明”をひっそり行った。格闘技界の野獣・藤田和之である。「RIZIN」の無差別級トーナメント開幕戦で、巨漢・バルト(元大関・把瑠都)に判定で敗れた。2000年代に日本の格闘技界をリードした藤田氏も45歳。以前のように動けなくなっていた。格闘技界では“一度引退したはずなのに”復活する選手が多い。それを嫌っての冒頭の言葉なのだ。「庭の草むしりでもする」と野獣は言ったが、まだ、そういう年齢ではない。この大会では、かつてのレスリング女子世界王者・山本美憂選手(42歳)も息子の前で敗れた。こちらの方は「敗れたことで火が付いた」と再チャレンジを誓った。一時期、日本の格闘技界をリードした藤田和之氏だが一般的な知名度はそれほど高くない。あまり派手なパフォーマンスをしなかったこと、ベルト所有期間が短かったこと、ずんぐりむっくりの体形で“格闘技界のアイドル”とはなりえなかったことも大きい。けれども正に野獣として、相手をねじ伏せていく圧倒的迫力は見応えがあった。確かに“衰えた藤田”は見たくない。もし、このまま本当にリングを去ってくれたなら“伝説の人”になれるだろう。私は、死ぬ間際にミケランジェロが制作した「ロンダニーニのピエタ」がたまらなく好きだ。それは、ルネッサンスの巨人・ミケランジェロが老齢となって青年期の“迫力ある彫刻作品”を制作できなくなって、それでも“必死に作り続けた最後の作品”である。本当に誰もが「あのミケランジェロが作ったの?」と目を疑うような作品なのだが、そこには人間として“必死に神と格闘する”ミケランジェロの生の姿があって、どの作品よりも崇高に輝いている。


最近の記事はこちら

“車離れ”は「本当の先進国」になった証拠

“若者の車離れ”に歯止めが掛からない。それを何んとか防ごうと、19日、トヨタは新しく「GR」シリーズを発売すると発表した。スポーツカーブランドを一新することで、低迷が続く国内の自動車販売をテコ入れした…続きを読む

「生前継承」された7代目の“宗教”

先日、テレビで今も継承され続ける「カクレキリシタン」に関するドキュメンタリーが放映されていた。その中で印象的だったのは、現在の指導者が口にした“普通のキリスト教やカトリックとは違う”という発言だった。…続きを読む

甲冑姿の「サムライ」が刀を向ける

近年の歴史・時代物ブームで“古戦場跡”観光というものが盛り上がっている。それ自体は良いことなのだが、その“古戦場跡”の一つ「関ケ原」で全身甲冑姿の「サムライ」が、山頂に続く階段を登りきったところで待ち…続きを読む

「時代について行く」選択は正しいのか

毎日、そこかしこに情報があふれている。無意識にわれわれは、その情報の多くを吸収しながら生きている。それが「時代について行く」という“生き方”である。けれども、本当に、それが“幸福な生き方”なのかどうか…続きを読む

「ノーベル賞の卵」が“非正規雇用”で働く

山中伸弥氏と言えば、謂わずと知れた“ノーベール賞科学者”である。現在は京都大学の細胞研究所所長を務めている。そのHP上に「ご支援のお願い」が掲載された。彼によると、研究所で働く教職員の9割が“非正規雇…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.