今日の迷言・余言・禁言

「教育」の“原点”は古代エジプトにある⁉

都立高校で教師に対し暴言を浴びせた生徒を暴行している場面が撮影され、ワイドショー等で賛否が分かれている事件。昨日タレントの武井壮氏は「絶対に体罰なんか認めない」と発言したそうだ。この問題に対してはタレント加藤浩次氏は「生徒も裁かれるべき」ことを強く主張し、賛同する人も多かった。果たしでどちらが正しいのだろうか。私はいつも、こういう問題が起こるたび“文字の由来”を思い出す。どういうことかというと、古代エジプト王朝でも、そして中国の古代殷王朝でも、洋の東西で紀元前には同様のことが行われていた。つまり学校教育では“ムチ”が使われていたのだ。その証拠が「文字」として遺っている。古代エジプトのヒエログリフ(聖刻文字)、そして古代殷王朝の甲骨文字ともに「教える」という文字には「ムチ」の象形が副えられているのだ。古代の場合、誰もが教育を受けられるわけではない。教育を受けられるのは王侯貴族など、ごく一部のエリート子女たちである。そういう子女たちでも、幼い年齢では勉強を嫌がるとか、なかなか憶えられないとか、注意力が散漫になるとかする。ところが将来、国家を預かるようになる身分の子供達にはきちんとした教育が必要なのだ。したがってムチを使用した。解かりやすく言えば“叩いて教えた”のだ。但し、それはあくまでも“幼い子供達”だからだ。つまり、幼いうちに「教育」の在り方を、そうやって理解させる。そうでなければ将来的に“繁栄する国家”は創れないことを彼らは知っていた。だから幼いうちから“叩いて教える”。こうすることで、子供たちは成長していくにつれ、叩かなくても“学べる”子供に変わっていく。本能的に学ぶ時には“緊張感”が宿った形で学ぶようになる。当然、十代半ばになれば、もう大人として扱うので「教える」時に鞭など必要ない。そういう風にしていかなければならないのだ。日本の教育が間違っているのは、幼い頃には“絶対に叩かない”教育方針だからだ。子供たちは「教育」が“叩かれるもの”だと思ってもいない。だから何の緊張感もない。だから教師にも反抗できるのだ。幼い頃の遠い記憶は、黙っていても“緊張感のある教室”を作り出す。古代エジプト王朝は3000年間続き、古代殷王朝は500年間続いた。「学ぶ」とは、本来、そういうものなのだ。


最近の記事はこちら

81%が「自分の血液型」を知らない国

日本で「自分の血液型を知らない」というのは、何んとなく“無知なこと”のように思われがちだ。かくいう私も、多分「A型」だとは思っているのだが、それはあくまで父親と母親と兄弟の血液型からの推測で、本当のと…続きを読む

「ユニコーン」が出現する夢の意味は…⁉

たまたま「東京国立博物館」の“東洋館”にあるという「アジアの占い体験コーナー」に関しての記事を読んだ。興味深い内容で、モンゴルの「シャガイ占い」について書かれていた。羊のシャガイ(くるぶしの骨)を使っ…続きを読む

手相の頭脳線と「認知症」の関係

人間は誰でも齢を取る。そうすると誰でも弱っていく。肉体的に弱っていくのは当然で仕方がないのだが、頭脳が弱っていくのは困る。生活に支障が出るからだ。漫画家でタレントの蛭子能収氏がTVの“健康診断番組”で…続きを読む

40か国「世界500店舗」紳士ブランドが破綻

かつてはウォール街で一番人気だった紳士ブランド「ブルックスブラザーズ」が銀行に“破産申請”を出した。創業200年、リンカーン大統領やケネディ大統領も愛用したスーツの老舗ブランドで、世界40か国、500…続きを読む

「野性の本能」を“許す”ことへの疑問

“動物愛護”とか“動物保護”とかに対して、異常に熱心になる人達がいる。そういう人達が、本当に“愛情深い人”なのかどうか、疑問に思うことが多い。スイスのチューリッヒ動物園で7月4日の午後、来場者たち多数…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.