今日の迷言・余言・禁言

「新京都」に建つ高層ホテル

アメリカの旅行雑誌が、読者投票で選ぶ世界の観光都市で「京都」が二年連続で1位に選ばれた。さすが「世界の京都」で良いことなのだが、その京都はホテル不足から近年民泊が急増している。そのこと自体は悪いことではないが、近隣住民との間でトラブルも多発している。近年の民泊ブームには、最初から“民宿”を意図した民家ではなく、無許可で本来は“普通の賃貸マンション”の空き室を利用するケースなども増えてきている。マナーの良くない中華系旅行者と、住民の間でトラブルが起こるのは当然ともいえる。京都のホテル不足には抜本的な問題がある。観光都市条例により、京都市内には高層ホテルが建てられないのだ。高層ホテルが建てられないと、当然ながら客室数が限られる。外国人観光客が急増している京都の場合、どうしても慢性的ホテル不足となるのは目に見えている。海外の観光都市などをヒントに考えると、この際「新京都」を市街付近に造ってしまうのが早道のような気がする。海外では「旧市街」と「新市街」を分けているが、京都の場合、建物の高さ制限があるので、一部・新市街区域だけは“高さ制限”を撤廃すれば良いのだ。もし、どうしても“高さ制限”は譲れないのであれば、その地域だけ地盤を30メートルほど低くし、地下都市のような「新京都」にすれば良い。そうすれば15階建てくらいのホテルを建てられる。そういうホテルやマンションばかりで埋め尽くす「新京都」街にすれば、それはそれで“興味深い街”になるのではないだろうか。


最近の記事はこちら

同じ“不満”を感じさせないために…

最近は仕事では滅多に札幌から動かない。その私が珍しく動いた。あまりにも熱心に天童春樹先生や天晶礼乃先生から何年もの間、大阪で“占いの講習会”を開くよう勧められたからである。まあ、ハッキリ言うと断り切れ…続きを読む

子供たちは「わるもの」の正体を知っている

新日本プロレスのエース・棚橋弘至氏が主演する映画であることは知っていた。その内容も、棚橋選手が“悪役レスラー”として登場する映画だということも知っていた。ただ、その原作が人気絵本の『パパのしごとはわる…続きを読む

15人のうち「7人の癌(がん)」が消えた!

さまざまな分野で“奇跡の療法”と呼ばれるものが存在する。正式な“医学療法”もあれば“民間療法”もある。ただ、どちらの療法にしても人によって“合う・合わない”はあって、誰にでも“確実に効く”と言う療法は…続きを読む

「宥恕(ゆうじょ)」で“新しい人生”が始まる

永年、日本人をやっているが、時々、未だに“知らなかった言葉”に出くわして面食らうことがある。今回は「宥恕=ゆうじょ」だ。決して「遊女=ゆうじょ」ではないので、念のため。さて「宥恕」とは何だろう。辞書に…続きを読む

「日本の自由」は“素晴らしい国”の証

9月18日発売『新潮45』10月号の特集では、8月号で問題となった自民党・杉田水脈氏の論文《「LGBT」支援の度が過ぎる》に対して、擁護する趣旨の論文を掲載。《そんなにおかしいか「杉田水脈」論文》とし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.