今日の迷言・余言・禁言

「日朝会談」を行うのに“相応しい場所”

海外ニュースは「米朝会談」一色である。もちろん、手はず通りにうまくいく。まあ、トランプ氏が最初に言っていた内容とはだいぶ違うのだが、とにかく米朝は“激しく抱き合う”のだ。実際には、まだ行われてはいないが、もう9割方予定通りの手はずで進むので何の問題もない。問題はその後なのだ。「日本ともきちんと話し合う」と約束した金正恩氏を、日本側はどう受け止め、どう対応していくかだ。当然、安倍総理の方も乗り気なのだから、もう「日朝会談」は決まったようなものである。問題は、いつ、どこで行うかだ。安倍総理の性質から言って、なるべく早く行おうとするだろう。ただ日程はどうにでもなるが、場所の決定は難しい。今回の「米朝会談」が上手くいったのはシンガポールが全面的に協力してくれたからである。かつて小泉純一郎首相時代に平壌に出向いて行って、拉致被害者5人の帰還に成功したが、現在の北朝鮮は「拉致は解決済み」という主張に切り替わっている。したがって、真実はどうあれ北朝鮮の国民は全体的には“そういう捉え方”になっている。ここが難しいのだ。日本国民にとっては“未解決”でも、北朝鮮国内では一応“解決済み”としている問題を、扱おうとした場合に本国内で行うのは極めて不利である。どこの国民でも、自分の国のトップが“国民を騙して来た”とは思いたくないだろう。北朝鮮国民も納得する方法でなら、残りの拉致被害者たちを日本に戻すこともやぶさかではない。そういう意味で、金正恩氏が応じそうなのは、まずは“日本に招待する”形式で「日朝会談」を行うことだ。そして、その場合に“拉致問題”のみで話し合うというのでは、北朝鮮側にとっては格好がつかないので、“友好条約の締結”という風な格好のつくテーマも盛り込むことである。そうすれば、間違いなく金正恩氏は応じる。自国民向けにそう吹聴できるからだ。そのうえで拉致被害者の返還を要求すれば、少なくとも、それが可能な被害者に関しては変換してくると思われる。但し“一度に全員”というような無理な要求をしないことである。“段階的に徐々に…”という形の方が応じやすいことだろう。交渉事は、友好的に行った方が結果的に得るものが大きい。対決姿勢では一人も戻らない。


最近の記事はこちら

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.