今日の迷言・余言・禁言

「日本」が救われる「予兆」になるか

「新型コロナ」で世界中が混乱を極めているが、日本にとっては“好ましい予兆”が一つ出てきた。ドル円相場が「円安」方向へと傾きだしたのだ。前にも述べたように、混乱が起きる前、1ドル111円前後を彷徨っていた。それが混乱が起きたことで、ドル円相場は一気に、1ドル101円前後まで「円高」に振れた。数日の間に10円も円高となったのだ。輸出企業の多い日本にとって一気の「円高」は“恐怖”を招く。しかも、原油価格まで急落したから、日本の経済産業に危険信号が灯りだし、日経平均も急落した。昨日まで、歯止めがかからない暴落が続いていた。ところが、ここにきて急速に“元に戻りつつあるもの”がある。それが“ドル円相場”と“原油価格”である。なんと私がこれを書いている時点では1ドル108円まで「円安」に何故か戻って来たのだ。さらに30ドルに届かなかった原油価格も33ドルまで戻してきた。もう一つ「恐怖指数」と呼ばれるものも一時的に“80”まで達したものが“57”まで戻した。もちろん、これらの数値はまだまだ流動的で呼び戻しがあるかもしれない。けれども、少なくとも一気にこれだけ大きく戻るということは、ひとまず「危機は脱した」と捉えても良い。特に、日本に関してはドル円が一気に大きく戻っていることで、一番の安心材料を得た。もしかしたら、これらの数値が「今の世界」の“先を行っている”可能性があるからだ。つまり、一時的に日本の経済は窮地に陥るが、意外なほど“早期に回復する”可能性が出て来たということである。そうでもなければ、こんなに早く急速に「円安」方向に戻すはずがないのだ。元々、円高に振れるのは「世界危機の時」と相場が決まっている。今回も、だから一気に“円高”となった。あっという間に111円から101円に変ったのだ。それが現実には「世界危機」が拡大中だというのに、再び「円安」方向へと一気に梶が切られた。本来であれば戻るにしても徐々に時間をかけて戻っていく。ただ、この急速な“戻り”が、日本が他の国よりも早くに“収束される”可能性が出て来たことで、ドル円相場がそれを“予兆する形”で戻し始めたという可能性はある。理屈で考えると、相場のグラフが“未来を予測する”こと自体が奇妙なのだが、過去の歴史を振り返ると、必ず、その半年後から一年後にかけて何故か“実体経済”は、その後追いをするのだ。


最近の記事はこちら

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.