今日の迷言・余言・禁言

「日本」は“来年行きたい国”№1になった

まるで“雪だるま”のように、世界各地に「慰安婦像」を作り続けている韓国だが、その韓国人の海外旅行者たちを対象として、2018年に“行きたい国”のアンケートを取ったら、何とダントツで我が“日本”が選ばれたようだ。日本は21%で、次のベトナム、タイ、アメリカの7%台を大きく引き離している。また、実際に日本に来た方達の満足度でも、他の国よりも圧倒的に高い。つまり、韓国人たちにとって、日本の歴史行動は許せないが、日本の国自体と日本人個人とは“大好き”なようだ。それに対して、日本人の方はどうなのかというと、2014年の訪問国として5位につけていた韓国だが、2015年は9位となり、2016年では10位となった。徐々に人気が下降している。それでも、まだ10位くらいに踏みとどまっているのが不思議なほどでさえある。この10位にあるのは“韓流”のおかげで、アンケート調査でも「韓流以外に魅力のある対象がない」と手厳しい。確かに、私の経験でも“観光地”としての魅力は乏しいのが韓国だ。辛いものが苦手な人は食事の面でも魅力に乏しい。第一、韓国の器は見栄えがせず、食欲をそそらないのだ。ただ親切な韓国の老人は、私が電車の改札口からスムーズに出られないでいた時、すぐに近寄ってきて教えてくれた。海外に行くと昔から、親切なおばさんやおじさんが出て来て助けてくれる。どこの国でもそうだが、言葉など通じなくても、日本語で言えば何となく分かってくれる。行きたいところがあれば、地図を開いて、場所名を連呼すれば良い。あれはハンガリーだったと思うが、狙いを定めた親切そうなおばさんに地図を差し出した。「すいません。教えてください」日本語で地図を突き出して立ちふさがる。相手は驚き、解からないと逃れようとする。そこで、逃さないのが大切なのだ。地図を指さしながら、その場所名だけを大声で連呼する。こうすると、ほとんどの人は“ここに行きたいのか”と理解する。但し、日本語の地図は向こうの人には分かりにくい。それでも、指さしながら連呼すると、その日本語地図から、今の場所を探し出し、行きたい場所を手指方向で指し示す。OK! それが判れば十分なのだ。あとは、また、その近くまで行って聞けばよい。下手な英語よりも日本語での地名や場所名の連呼の方が、よほど通じる。海外では親切そうな人は決して逃してはならない。


最近の記事はこちら

「教祖」で「歌手」で「会長」と呼ばれた男

13000人の出資者から総額460億円を“だまし取った容疑”で逮捕された「田中正人」こと「銅子正人」41歳。一応「テキシアジャパン」という投資コンサルティング会社の会長とされる人物である。だが、この人…続きを読む

「田んぼ」は「銀座」となり、また「田んぼ」に還る⁉

三重県津市に通称「レオパレス銀座」と呼ばれる地域がある。不動産会社レオパレス21が建築した“同じような形状のアパート”が乱立している。およそ1キロ四方の区域内に40棟ものレオパレス物件が並んでいる。け…続きを読む

同一の年齢と病気、同一アスペクトからの復活

昨年の「アジア大会」で6冠を達成した“競泳界のホープ”池江璃花子氏が白血病で緊急入院となった。私は以前、ブログの中で彼女の姓名について「池」も「江」も共に“水中”を表わす文字で「璃」は元々“青い宝石”…続きを読む

日本の“奥深さ”を表わす「日向」

私もつい最近知ったばかりだった「欅坂46」と「けやき坂46」の違い。それまで私は“同じグループ”だとばかり思っていた。ただ、それにしてはなぜ「欅坂46」と漢字表記したり「けやき坂46」とひらがな表記し…続きを読む

世界は沈黙で「日本へのミサイル」を許す⁉

2月27日にベトナムのダナンで第2回目の「米朝会談」が開かれることが決定的となった。日本国内においては、今回の会談を重要視する人は少ない。ほとんどの人が「なんでまたやるの?」「同じことの繰り返しでしょ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.