今日の迷言・余言・禁言

「日本の原風景」に集う首脳たち

伊勢志摩で「G7サミット」が開かれている。伊勢神宮は、日本の神社の中でも“原初の姿”が保存され続けている数少ない社だ。誰もが“古き良き日本”の趣を感じる精霊な世界が広がる。「G7」の首脳たちの多くはキリスト教徒だが、日本の神々は“自然界を伴う神々”で、いわば「風水の世界」をそのまま“神々に見立てている”ような一面を持つ。質素なのに「神」を感じさせるのは“自然と一体化している”からだ。おそらく、そういう意味では伊勢神宮に集まっても、異国の宗教施設に連れてこられた、と感じる首脳はいないだろう。日本の「古都観光」として、京都は世界的に有名になったが「伊勢志摩」はまだまだである。けれども、本当の美しい「日本の原風景」は京都よりも伊勢志摩の方にある。奇妙なことに、日本人の多くは「伊勢神宮」を観光していても、伊勢志摩のホテルには泊まっていない。サミットで利用されるということで、改めて確認したが“素晴らしいリゾートホテル”ではないか。こういうホテルが存在していたこと自体、私は知らなかった。ところで、多くの方たちは「G7」というと7か国の首脳たちだけが来ると錯覚しているが、実はさまざまな国から“招待客の首脳達”も来ている。ラオス、ベトナム、インドネシア、バングラデシュ、スリランカ、パプアニューギニア、チャドなどの首脳達も来ているのだ。奇妙なことに、ここには「G20」として参加している国の首脳は含まれていない。つまり、明らかに“発展途上の国々”を招待している。それにしても「G7」に中国が参加していたなら、伊勢神宮には集まれないだろう。不思議なことに「中国を加えよう」という動きはついぞ起こったことがない。


最近の記事はこちら

お遊びの「宝探し」を“神”は許さない

「宝探し」という言葉から、あなたは何を思い出すだろうか。海に沈んだ“財宝”、山奥に隠された“金塊”、埋葬された遺体と“黄金”、密林の向こうの“黄金遺跡”…いくつかのパターンやシーンが頭に浮かぶ。そうい…続きを読む

「ご要望がある限り…」という“名言”

「グラビアアイドル」という名称は、いったい誰が付けたのだろう。誰なのかはわからないが、よくよく考えると“奇妙な名称”である。だが、何となくは理解できる。そして実際に、そういう形で多くの女性達が“仕事”…続きを読む

「聖なる殺人もする」思想教育の恐ろしさ

最近、日本ではあまり「IS(イスラム国)」のことがニュースで取り上げられなくなった。けれども、刻々と情勢は変化し、5月28日早朝のロシア爆撃機スホイ34、戦闘機スホイ35の空襲で「IS(イスラム国)」…続きを読む

「神様」と「運命」

時々「神様」や「運命」は平等だろうか…と考える。正直、どちらも平等だとは思わない。私は大昔、ラジオの深夜放送をよく聴いていて、時々その番組のパーソナリティー宛に、ちょっとした詩やエッセイや物語の混ぜこ…続きを読む

「地球は生きてるんだ!」と、噴火は続く

今年4月、またまた「西之島」が再噴火した。2013年11月に噴火を始めて、2015年11月にいったん沈静化、これで収まるのかと思いきや、2017年4月に再噴火、現在も噴火継続中であり、島は少しづつ大き…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.