今日の迷言・余言・禁言

「日本の原風景」に集う首脳たち

伊勢志摩で「G7サミット」が開かれている。伊勢神宮は、日本の神社の中でも“原初の姿”が保存され続けている数少ない社だ。誰もが“古き良き日本”の趣を感じる精霊な世界が広がる。「G7」の首脳たちの多くはキリスト教徒だが、日本の神々は“自然界を伴う神々”で、いわば「風水の世界」をそのまま“神々に見立てている”ような一面を持つ。質素なのに「神」を感じさせるのは“自然と一体化している”からだ。おそらく、そういう意味では伊勢神宮に集まっても、異国の宗教施設に連れてこられた、と感じる首脳はいないだろう。日本の「古都観光」として、京都は世界的に有名になったが「伊勢志摩」はまだまだである。けれども、本当の美しい「日本の原風景」は京都よりも伊勢志摩の方にある。奇妙なことに、日本人の多くは「伊勢神宮」を観光していても、伊勢志摩のホテルには泊まっていない。サミットで利用されるということで、改めて確認したが“素晴らしいリゾートホテル”ではないか。こういうホテルが存在していたこと自体、私は知らなかった。ところで、多くの方たちは「G7」というと7か国の首脳たちだけが来ると錯覚しているが、実はさまざまな国から“招待客の首脳達”も来ている。ラオス、ベトナム、インドネシア、バングラデシュ、スリランカ、パプアニューギニア、チャドなどの首脳達も来ているのだ。奇妙なことに、ここには「G20」として参加している国の首脳は含まれていない。つまり、明らかに“発展途上の国々”を招待している。それにしても「G7」に中国が参加していたなら、伊勢神宮には集まれないだろう。不思議なことに「中国を加えよう」という動きはついぞ起こったことがない。


最近の記事はこちら

「地震」二度あることは三度ある

メキシコ南部で23日またしてもM6.2の地震が起こった。今月に入って、7日に南部で起き、19日に中部でM7.1の地震を経験したばかりだ。しかも、中部地震はまだ救出作業が続いている状態で、これまでに29…続きを読む

上西小百合×橋下徹×東国原英夫のバトル

元々バトルが好きな人達だからね。この組み合わせは中々の見ものなのさ。みんな一度は“政治家”になっているしね。しかも、論戦は得意と来ている。特にね。「小百合」くんと「徹」くんのバトルは面白いと思うよ。世…続きを読む

「正統占星学」の“教え”は間違っていた

昨日、占いサイト「PROLO」で毎月連載している“恋占ニュース”で「破局・離別」が生じる時期判断の方法を公開した。実は、西洋占星学において“別れの時期”を読み取る方法というのは、私の知る限り研究発表さ…続きを読む

「運命」と、終わりの「美学」

何事にも“始まり”があれば“終わり”もある。人は“誕生”して人間としての生命が始まり、“死亡”することで終わりを迎える。個々の社会的役割は、その仕事に就いた時から始まり、その仕事を辞める時に終える。ア…続きを読む

“車離れ”は「本当の先進国」になった証拠

“若者の車離れ”に歯止めが掛からない。それを何んとか防ごうと、19日、トヨタは新しく「GR」シリーズを発売すると発表した。スポーツカーブランドを一新することで、低迷が続く国内の自動車販売をテコ入れした…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.