今日の迷言・余言・禁言

「日本を殺す」という本がベストセラー

厳密にいうと『日本を殺す』というタイトルはあまりに“過激だ”ということで、若干控えめに『昇る太陽を殺す』というタイトルに改められて出版されたのだという。今、アメリカで秘かにベストセラーとなっている本だ。アメリカにとって「昇る太陽」とは「日本国」を暗示するらしい。実はこの本はシリーズ化されている「殺し本」最新の一冊で、これまでに歴史上のリンカーンやケネディやイエス・キリストなどを扱っている。つまり実際に“殺された人物”たちだ。その中に「日本国」が加わったということになる。著者はTV番組でも活躍する著名ジャーナリストのビル・オアライリー氏だ。この本の中身は、日本とアメリカの太平洋戦争を扱ったもので“真珠湾攻撃”に始まり、“広島・長崎の原爆投下”に終わる。だから『日本を殺す』というタイトルなのだ。ジャーナリストの書いた本だけに、現在のアメリカ人による世論調査も加えられていて「原爆投下が正しかったか」という問いに対して、正しいが56%、正しくないが34%、わからないが10%、もし、日本が降伏しなかったなら、次の標的が「東京」であったことも明かされている。原爆投下を決断したのはトルーマン大統領である。そのトルーマンと実際に原爆を広島に投下した機長とがホワイトハウスで面会し、大統領が機長に対し「君は原爆投下が正しかったと思うか」と問いかけたという。機長は「私は命令に従って実行しただけです」と答えたという。実際、そんな答えは最初から分かっている。それでも訊かずにいられなかった大統領を、われわれはどう受け止めれば良いのだろう。そして今、売れているこの本を、日本人としてどう評価すればよいのだろう。


最近の記事はこちら

“占い界”における藤井聡太はどこに?

最近、プロスポーツの世界では次代を担う“若き天才”たちが続々と誕生している。ここで取り上げる将棋世界の藤井聡太君など、その典型だ。まだ14歳の中学生だが、既に昨年10月からプロ棋士四段に昇格した。そし…続きを読む

「EU」が揺れている

11人が立候補したフランスの大統領選で、予想されていた通り過半数を得たものがなく、改めて5月7日に「国民戦線」のルペン氏と、「前進!」のマクロン氏との間で“決選投票”が行われることが決まった。ルペン氏…続きを読む

北朝鮮にも“隠れキリシタン”がいた!

“隠れキリシタン”と言えば、江戸時代の長崎を思い浮かべる。現在でも、その子孫の方々が存在していて“隠れキリシタンの信仰”が維持されている。もう、日本では堂々と“キリスト教徒”を名乗って良いのに、子孫の…続きを読む

“究極の美”は、“マゾ体質”の証明

確かに、その人は美しい。とても50歳には見えない。「美のカリスマ」と呼ばれる。本人も「肌の美しい人を見ると、つい傍に行って話しかけてしまう」とおっしゃる。確かに“美”へのこだわりが強いようだ。君島十和…続きを読む

寄付によって財産を使い果たす

日本電産の創業者・永守重信氏は最近、あちこちの教育機関に寄付金を与えている。寄付金と言っても一千万とか二千万とかのけちな金額ではない。70億とか100億とかいうとてつもない金額である。彼は「日本電産」…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.