今日の迷言・余言・禁言

「日本を殺す」という本がベストセラー

厳密にいうと『日本を殺す』というタイトルはあまりに“過激だ”ということで、若干控えめに『昇る太陽を殺す』というタイトルに改められて出版されたのだという。今、アメリカで秘かにベストセラーとなっている本だ。アメリカにとって「昇る太陽」とは「日本国」を暗示するらしい。実はこの本はシリーズ化されている「殺し本」最新の一冊で、これまでに歴史上のリンカーンやケネディやイエス・キリストなどを扱っている。つまり実際に“殺された人物”たちだ。その中に「日本国」が加わったということになる。著者はTV番組でも活躍する著名ジャーナリストのビル・オアライリー氏だ。この本の中身は、日本とアメリカの太平洋戦争を扱ったもので“真珠湾攻撃”に始まり、“広島・長崎の原爆投下”に終わる。だから『日本を殺す』というタイトルなのだ。ジャーナリストの書いた本だけに、現在のアメリカ人による世論調査も加えられていて「原爆投下が正しかったか」という問いに対して、正しいが56%、正しくないが34%、わからないが10%、もし、日本が降伏しなかったなら、次の標的が「東京」であったことも明かされている。原爆投下を決断したのはトルーマン大統領である。そのトルーマンと実際に原爆を広島に投下した機長とがホワイトハウスで面会し、大統領が機長に対し「君は原爆投下が正しかったと思うか」と問いかけたという。機長は「私は命令に従って実行しただけです」と答えたという。実際、そんな答えは最初から分かっている。それでも訊かずにいられなかった大統領を、われわれはどう受け止めれば良いのだろう。そして今、売れているこの本を、日本人としてどう評価すればよいのだろう。


最近の記事はこちら

習近平&トランプ「暴露本」で、勝つのはどっち⁉

アメリカと中国の貿易戦争が“休戦中”の今、にわかに注目され出したのが「習近平氏の暴露本が出る」という話題だ。もちろん、中国ではなくてアメリカで出る。元々は2015年に香港の銅羅湾書店というところから出…続きを読む

眼が“斜め型”女性の「危険なアルバイト」

一般的な日本人にとって「爬虫類」は“怖い生き物”、或いは“気味の悪い生き物”の印象が強い。私は爬虫類でなくても動物は苦手だが、そういう“生き物”を怖がらない人たちもいる。彼女の場合も、おそらくそうであ…続きを読む

男性社員たちの「奇妙な追悼」の違和感

ときどき私には「理解不能」としか言いようのない出来事が“芸能界”では起こる。例えば過日亡くなった芸能事務所社長・ジャニー喜多川氏に対して、その所属していたタレントたち、要するに男性社員たちなのだが、そ…続きを読む

「優秀な外人」と「粗悪な外人」に挟まれながら…

昨日、今後の日本を考える上で貴重なデータが公表された。十年連続で人口減となったが、その比率は徐々に拡大している。つまり「少子化問題」は待ったなしなのだ。そこでというわけでもないのだろうが、外国人の比率…続きを読む

「アイドル」で“失ったもの”は、もう戻らない

「或る朝、眼が覚めると、僕は有名になっていた」とは詩人バイロンの言葉だが、似たような雰囲気で日本のアイドル達も誕生していく。それは或る意味で、夢見る少女たちにとって“シンデレラ物語”のように魅惑的であ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.