今日の迷言・余言・禁言

「日本を殺す」という本がベストセラー

厳密にいうと『日本を殺す』というタイトルはあまりに“過激だ”ということで、若干控えめに『昇る太陽を殺す』というタイトルに改められて出版されたのだという。今、アメリカで秘かにベストセラーとなっている本だ。アメリカにとって「昇る太陽」とは「日本国」を暗示するらしい。実はこの本はシリーズ化されている「殺し本」最新の一冊で、これまでに歴史上のリンカーンやケネディやイエス・キリストなどを扱っている。つまり実際に“殺された人物”たちだ。その中に「日本国」が加わったということになる。著者はTV番組でも活躍する著名ジャーナリストのビル・オアライリー氏だ。この本の中身は、日本とアメリカの太平洋戦争を扱ったもので“真珠湾攻撃”に始まり、“広島・長崎の原爆投下”に終わる。だから『日本を殺す』というタイトルなのだ。ジャーナリストの書いた本だけに、現在のアメリカ人による世論調査も加えられていて「原爆投下が正しかったか」という問いに対して、正しいが56%、正しくないが34%、わからないが10%、もし、日本が降伏しなかったなら、次の標的が「東京」であったことも明かされている。原爆投下を決断したのはトルーマン大統領である。そのトルーマンと実際に原爆を広島に投下した機長とがホワイトハウスで面会し、大統領が機長に対し「君は原爆投下が正しかったと思うか」と問いかけたという。機長は「私は命令に従って実行しただけです」と答えたという。実際、そんな答えは最初から分かっている。それでも訊かずにいられなかった大統領を、われわれはどう受け止めれば良いのだろう。そして今、売れているこの本を、日本人としてどう評価すればよいのだろう。


最近の記事はこちら

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.