今日の迷言・余言・禁言

「日本株」に追い風が吹いている

このところ「日経平均株価」がじわじわと上昇し続けている。7営業日続伸で“年初来高値”まであと一歩だ。もっとも、頼みの“円安”が、ここにきて“113円前後”で一時的に反転し始めているので、ちょっとだけ下落する“調整期間”が出て来るだろう。大きく下落することはない。「トランプ相場」とも呼ばれる“予期せぬ追い風”は、新大統領の決定と同時に始まった。アメリカの金利が大きく上昇に転じたからだ。日米の“金利差拡大”によって“円安方向”への旗が振られ、一気に円安が進んだことで“日経平均”は黙っていても上昇する形となった。どうしてかというと、外国人投資家の多くは“ドル換算”で「日経平均」を見ている場合が多いからだ。したがって円安が進むと、“昨日と同じ値”はドル換算で“安くなった”と映るので“買い”意欲をそそることになる。逆に“円高方向”に振れると、ドル換算で“高くなった”と映るので“売り”のサインが点灯することになる。何しろ、日本株は外国人投資家に支えられている。円安になると、黙っていても日本株は上昇するようにできているのだ。それにしても、トランプ氏はまだ大統領には就任していない。それなのにアメリカ経済の先行きを見越して金利が上昇し、円安が進み、日本株もその恩恵を受ける。安倍総理も、黒田総裁も、内心はホッと胸をなでおろしていることだろう。なぜなら円高を止められず、日本株も浮上せず、四苦八苦していた矢先だったからだ。これで黙っていても、日本経済の“先行き”に“明るい兆し”が見えてきたからだ。アベノミクスの成果でも、日銀の手腕でも全くないが、日本人にとっては結果的に“豊かな社会”“恵まれた経済”が築かれていくのであればそれで良い。そういう意味では、もしかしたらトランプ氏は何もしていないのに“日本を救った恩人”に昇格していく可能性を秘めているのだ。


最近の記事はこちら

「恥ずかしながら…」復活する“日の丸弁当”⁉

懐かしい響きの言葉に「日の丸弁当」というのがある。この弁当を説明しなくても解かる人は、それなりの“お歳”かもしれない。お弁当箱を開けた時、真ん中に“丸い梅干し”だけが入っていると「日の丸」が誕生するの…続きを読む

ややこしい「X」という“第3の性”

最近は「LGBT」という用語も頻繁に見かけるようになって、説明の必要がなくなりつつある。要するに“広義の同性愛的”生き方を求める人たちの総称である。ところが、ここにきて「もう一つの形」が加わりそうなの…続きを読む

「逆イールド」が日本株を急落させる⁉

今年の1月5日、私は今年の「日本株」がドル円相場や原油価格が落ち着くまでは、完全な“上昇気流”に乗ることは難しくアップダウンの激しい相場展開になるだろうことを予告した。ドル円相場では1ドル113円台に…続きを読む

「カジノ」で“勝つ”か“負ける”かの選挙戦

北海道と大阪府の知事選で“勝つ”か“負ける”かの「鍵」を握っていそうなのが「カジノ」である。カジノというのは文字通り“勝ち・負け”を競うところだが、そのカジノ誘致が経済活性化の起爆剤と「噂」されている…続きを読む

不可思議なもの「親の血を引く兄弟」

昔、北島三郎氏は「♪親の血を引く兄弟よりも…」と歌った。実際、世の中には“実の兄弟”よりもはるかに“兄弟的な関係”となる友人・仲間・同僚を持つ人達もいる。特に20代から50代くらいまでの間、血縁者たち…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.