今日の迷言・余言・禁言

「日本株」の上昇が止まらない⁉

なかなか“良いこと”である。「日本株」の上昇が止まらなくなってきた。前にも書いたように、私は9月13日に「日本株反転の兆し」を書き、9月28日に「日本株“長期上昇の形”は整った」を書いた。正しくそうなったのだが、勢いが付き過ぎて、もはや上昇が止まらなくなってきている。前にも述べたように、一番の“けん引役”はアメリカの「ダウ」で、その上昇が「日経平均」を引っ張っている。“世界の景気敏感株”とも言われる「日本株」は、世界的な景気の動向に左右されやすい。そういう意味では、アメリカとヨーロッパの経済が“回復基調”にあるので、それに伴っての上昇は或る意味では“当然”なのだ。そうは言っても、バブル期を超えて“16連騰”を記録、最長記録を打ち立てた。それほどまでには実際の景気は良くないと思うのだが、それでも一応“良い兆し”が来ていることだけは間違いがない。1日だけ下がったが、その後も再び上昇し、昨日は“日経平均”で268円も上がった。しかも、私が前に指摘していた“全体的には下がっている株数が多い”ということもなく、むしろ“8割以上が値上がりする”状況に変わりつつある。これこそが待ちわびていた“ミニバブル”の予兆で、金融株も値上がり出したことが“全体的な底上げ”を予感させる。さて、問題はいつまで続くかだ。“長期的な上昇の形”には入っているが、一時的な調整は当然やって来る。実は、株で“損をしている”人達は、この“調整期”や“凋落期”を見誤るから損失を出すのだ。ほとんどの人が“まだまだ上がる”と思っているような時に“調整期”や“凋落期”はやって来る。今回、そのヒントになるのは、2013年の4月と5月だ。この時期、久しぶりに「日本株」は勢いが良かったのだ。今回でも、最初の内は、この時期の“勢い”に追いついていなかった。それがここに来て、この時の“勢い”に似て来たのだ。日経平均のチャートを見ても、その“類似性”に気が付くはずだ。もし、私が見るように、この時期と同じような経過をたどるとすれば、一時的調整は11月に来る。それも、いったん急速に上昇して後、ストンと急下降する。今回の場合、世界的な情勢から極端に下降するまでは行かないと思うが、それでも“スピード調整”の時期は必ずやって来る。早ければ11月上旬、遅くても中旬、したがって逆に言えば、それまでは2万3000円前後までは急上昇する可能性がある。もっとも、私は「神様」ではない。責任は取れないので、その点、お忘れなく。


最近の記事はこちら

「自由&平等」は「責任」の元に与えられる

何かが違う。そんな“違和感”をおぼえるのは私だけなのだろうか。全国各地の“同性カップル”が2月14日に国を相手取り“損害賠償”を求めて一斉提訴するというのだ。つまり、同性婚を認めないのは憲法が保障する…続きを読む

長寿「113歳の顔」の特徴

男性としては「現存する世界最高齢」と昨年ギネスで認定されたばかりの足寄町の野中正造氏が亡くなった。1905年7月25日生まれなので享年113歳だった。前日までは元気にしていたらしい。これこそ“大往生”…続きを読む

本人よりも詳しい「オタク」がいる⁉

最近はどういう分野でも“熱烈ファン”や“追っかけ”や“マニアックなオタク”がいる。そして、それらの人は、その人物のあらゆることを知っている。時には、その本人よりも“詳しく知っている”こともある。驚くべ…続きを読む

ホロスコープは「真実」を告げるか

私は、或る程度、どういうところでは何か書くか、何となくだが決めている。そして、ここでは基本的に「占い」を真正面から扱うことはほとんどしないのだが、今日は“どうでも良いニュース”が多かったので、たまには…続きを読む

「竜宮の遣い」出現は“幸運”?“災い”?

「リュウグウノツカイ(竜宮の遣い)」と呼ばれる“深海魚”をご存じだろうか。深海魚であるから、滅多なことでは姿を現さない。体長が3m以上ある太刀魚に似た体形の奇妙な魚類である。昨日、舞鶴市の沖合でこのリ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.