今日の迷言・余言・禁言

「日本株」“長期上昇の形”は整った?

私がここで“ドル円”と“日本株”の今後について記したのは9月14日である。その時、まだまだ日経平均は19807円であった。その時点で、私は20日くらいまでにドル円で111円台に移行できれば、その後は徐々にドル高が進んで、それにつれて日本株も20000円を突破していくに違いない…と予測した。そうして、今月終わりに日経平均が2万円台を維持できていれば、その後も継続的な“日本株”の上昇が見込まれると書いた。途中、北朝鮮のミサイル問題が発生し、一時的にドル円は110円台まで戻ったが、そのあと持ち直して再びドル高へと向かい、現在は112円台半ばとなっている。まだまだ完全に“ドル高基調”とまでは言い難いが、一応、海外動向が急変しなければ“ドル高方向”は崩れないに違いない。日経平均も、じわじわと上昇し、ようやく20000円台に突入した。昨日の終値は20363円で、あの日から550円以上も値上がりしたことになる。この調子でいくと、今日1日残すが、2万円台は維持できるだろう。そうすれば、前に話したように“長期上昇の形”が整ったことになる。余程の波乱要因、例えば、ミサイルが発射されるとか、自民党が大敗濃厚だとか、そういうことでもない限り、持続的上昇が続いていくに違いない。もちろん、その場合には21000円は突破するが、どこまで行くかは、今の時点では予測が難しい。但し、それを読み解く「鍵」が一つだけある。それはアメリカ株で、“ダウが23000ドル”、“ナスダックが7000ドル”を一つの目安にすると良い。つまり、それくらいまでなら極端な下落をせずに、アメリカ株は上昇し続ける可能性がある。但し、その付近まで来たら“要注意”で、それ以上の持続的上昇は保証できない。当然、このアメリカ株の上昇に連れる形で、日本株も上昇していく。もし、波乱要因がなく日本株が上昇していく場合、忘れてはならないのは“日本株”は“ドル円”相場とセットだという点で、いまはもう「相関していない」という人たちが多いが、決してそのようなことはない。“ドル高基調”が“円高基調”に転換してしまえば、あっという間に日本株は下落していく。アメリカ株など関係がない。この二つの“ポイント”を忘れなければ、あなたにも財運がもたらされることだろう。(但し、波木星龍を信じて買ったから責任を取ってくれと言われても、それには応じられないので、ご注意を!)


最近の記事はこちら

ややこしい「X」という“第3の性”

最近は「LGBT」という用語も頻繁に見かけるようになって、説明の必要がなくなりつつある。要するに“広義の同性愛的”生き方を求める人たちの総称である。ところが、ここにきて「もう一つの形」が加わりそうなの…続きを読む

「逆イールド」が日本株を急落させる⁉

今年の1月5日、私は今年の「日本株」がドル円相場や原油価格が落ち着くまでは、完全な“上昇気流”に乗ることは難しくアップダウンの激しい相場展開になるだろうことを予告した。ドル円相場では1ドル113円台に…続きを読む

「カジノ」で“勝つ”か“負ける”かの選挙戦

北海道と大阪府の知事選で“勝つ”か“負ける”かの「鍵」を握っていそうなのが「カジノ」である。カジノというのは文字通り“勝ち・負け”を競うところだが、そのカジノ誘致が経済活性化の起爆剤と「噂」されている…続きを読む

不可思議なもの「親の血を引く兄弟」

昔、北島三郎氏は「♪親の血を引く兄弟よりも…」と歌った。実際、世の中には“実の兄弟”よりもはるかに“兄弟的な関係”となる友人・仲間・同僚を持つ人達もいる。特に20代から50代くらいまでの間、血縁者たち…続きを読む

「未来」には“さまざまな選択肢”がある

人は思いつめると「もう、これしかない」という結論に陥りがちなものである。さまざまな事件とか、犯行とかは、そういう時に起こる。世の中には、最初から“犯罪者的素質”を持って生まれている人もいることはいるが…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.