今日の迷言・余言・禁言

「昔の日本人」は“孤独”じゃなかった⁈

「社会関係資本」と呼ぶ奇妙なランキングがある。個々の社会や地域との結びつきを表わす“指数”らしい。その国際基準のランキングで、わが日本は全世界149か国中の101位という低位置に居た。もちろん先進国の中では最下位で、それだけ日本人が“コミュニティ”との関りを嫌い、身近な人達との“コミュニケーション”も欠如している証拠らしい。う~ん、確かに乏しい。特に、ここ20年ほどの間に、日本人は自分が所属する組織や地域とのかかわりを出来るだけ避けるようになっていた。特に口数が少ない中高年の男性の場合に、それが著しい。そうするとどうなるのかというと、30万人以上のデータ研究によると、早死にのリスクが50%も高まるのだそうだ。心臓病とか認知症とかの発生率も極端にアップするらしい。日本人は昔、家族関係、血縁関係を重要視した。多くの場合は“二世帯”とか“三世帯”とかが集まって一つ屋根の下に居た。おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に暮らすのが当たり前だった。時には、おじさん、おばさんと一緒に暮らすこともあった。そういう家族の在り方が普通に存在していた。戦後、欧米文化の吸収でそれらの風習は急速に失われた。昭和30年代以降、団地とかマンションの普及に伴って“核家族化”が進み、そうすると今度は血縁間の交流まで途絶えがちとなった。一方、会社組織の方は、昭和50年代までは“上司に連れられて”飲みに行くとか、“先輩に誘われて”食べに行くとか、ごく“当たり前”の風景として会社組織の中で行われていたが、勤務時間中は組織人、勤務時間外はプライベートとの認識が強まりだし、勤務時間外に“誘う”とか“誘われる”という交友が極端に減っていった。こうして、日本人の男性たちは勤務時間外は寡黙になっていった。何が言いたいのかというと、昔の日本人は黙っていても“コミュニティ”や“コミュニケーション”が成り立ったが、今は自ら積極的にそれを求める男性でなければ、成立しにくい世の中になっているということだ。だから、このランキングの101位という順位は、最初からの順位ではなく、マンションが増え、社用族が減った結果、ここ20年ほどで急速に低下していっての101位なのだ。


最近の記事はこちら

新社名「大樹生命」は、“巨木”に生れ変れる⁉

古くからの会社が継続していることで知られる“生命保険”業界。会社そのものの業態についはよく知らなくても、その社名だけは“知っている”という企業が多い。そういう企業名の一つであった「三井生命」が、今年4…続きを読む

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.