今日の迷言・余言・禁言

「時は過ぎていく」“8回目五輪”への疑問

スキージャンプ男子の平昌五輪に葛西紀明氏が選出された。何んと“8回目の五輪出場”である。記録としては大変に素晴らしい。だが、今一つスッキリしない。今年になって行われた競技大会でも18位だった選手なのだ。もちろん“代表枠”は5人あって、その選考基準をクリアしての出場で、名前だけで選出されたわけではない。それは解かっている。ただ最近は調子を落としていて、昨年の11月に行われたラージヒル個人予選では64位だった。そういう選手を“日本代表”としてオリンピックに送り出さなければならないのが現状なのだ。その部分に“8回目の五輪出場”を素直に応援できないもどかしさがある。もし、私が彼の立場なら、自ら辞退して“若くて将来ある選手”を推薦するだろう。もしかすると、そういう“若手”自体が存在していないからなのだろうか。オリンピックの“出場選考”に関しては、冬季だけでなく夏季でも同様な問題が時々起こる。名前が知られているとか、強力なスポンサー企業を持っているとか、人気があるとか、どうしてもそういう選手の方が選出されやすい。一時期、日本の“ジャンプ男子”は圧倒的な強さを誇っていた。実は私には“嫌な思い出”がある。丁度、葛西選手も含めて多くの男子陣が輝いていた“長野オリンピック”でスキージャンプが行われていた正にその日時、なんと私は同じ時間帯に、或るワイドショー番組にゲスト占い師として出演していた過去があるのだ。もちろん、日本中の人達が“五輪のTV画面”に釘付けとなっていて、私の出演したワイドショーなど見るわけがない。そういう中で占っていた記憶があるのだ。その“嫌な記憶”だけが頭に残っていて、ワイドショーの番組内容も、何を占ったのかもほとんど記憶にない。ただ、あの時一緒に出演した占い師は、私以外に2人いたような気がするのだが、彼女たちは今でも「占い」を行っているのだろうか。プロとして活躍しているのだろうか。もしかすると私だけが“占いの世界”にしがみつき、他の方達は、とおの昔に“占いの世界”から足を洗っているのかもしれない。


最近の記事はこちら

「恥ずかしながら…」復活する“日の丸弁当”⁉

懐かしい響きの言葉に「日の丸弁当」というのがある。この弁当を説明しなくても解かる人は、それなりの“お歳”かもしれない。お弁当箱を開けた時、真ん中に“丸い梅干し”だけが入っていると「日の丸」が誕生するの…続きを読む

ややこしい「X」という“第3の性”

最近は「LGBT」という用語も頻繁に見かけるようになって、説明の必要がなくなりつつある。要するに“広義の同性愛的”生き方を求める人たちの総称である。ところが、ここにきて「もう一つの形」が加わりそうなの…続きを読む

「逆イールド」が日本株を急落させる⁉

今年の1月5日、私は今年の「日本株」がドル円相場や原油価格が落ち着くまでは、完全な“上昇気流”に乗ることは難しくアップダウンの激しい相場展開になるだろうことを予告した。ドル円相場では1ドル113円台に…続きを読む

「カジノ」で“勝つ”か“負ける”かの選挙戦

北海道と大阪府の知事選で“勝つ”か“負ける”かの「鍵」を握っていそうなのが「カジノ」である。カジノというのは文字通り“勝ち・負け”を競うところだが、そのカジノ誘致が経済活性化の起爆剤と「噂」されている…続きを読む

不可思議なもの「親の血を引く兄弟」

昔、北島三郎氏は「♪親の血を引く兄弟よりも…」と歌った。実際、世の中には“実の兄弟”よりもはるかに“兄弟的な関係”となる友人・仲間・同僚を持つ人達もいる。特に20代から50代くらいまでの間、血縁者たち…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.