今日の迷言・余言・禁言

「時代について行く」選択は正しいのか

毎日、そこかしこに情報があふれている。無意識にわれわれは、その情報の多くを吸収しながら生きている。それが「時代について行く」という“生き方”である。けれども、本当に、それが“幸福な生き方”なのかどうかは誰にも分らない。もしかしたら、或る程度の“大人”になったなら、そういう“新しい情報”など不要かもしれないのだ。“新しい情報”を失うことで、多少は不便な時があるかもしれないが、その9割までは“余分な情報”なのだから、実際の生活には必要がない。少なくとも、知らずとも生きては行ける。例えば「北朝鮮のサイバー攻撃能力はCIAに匹敵できるほどのものです」とアメリカの司令官が証言していた…という知識。別に知らなくても何ら生活には支障がない。それどころか、知っていることで不安感が増大する。ストレスが一つ増えるのかもしれない。だから、知らない方が“幸福かもしれない”のだ。それなのに、これでもか、これでもか、というほどに情報は流れて来る。それらの情報を共有していることで“社会が成り立っている”部分も多少はある。われわれが普通に生活を営むうえで、知っておかなければならない情報というものも確かにある。例えば「ごみの収集日が変わった」などという生活情報は知っておいた方が良い。だから、どこまでが知っておくべきで、どこまでが知らなくて良いかは微妙で、職業などによっても違いが出て来る。ただ「時代について行く」という生き方だけが、われわれの選択肢ではない。時には“時代”に取り残されて、はるか前方に進んでいった“時代”を見送りながら、のんびり好きなことだけ考えながらハンモックに揺られている。そういう人たちが多くなったなら、世の中の“歯車”も、もっとゆっくり回転し始めるようになるのだろうか。


最近の記事はこちら

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.