今日の迷言・余言・禁言

「最終決断」が人生を変える

昨日、たまたまコンビニに行った。そこで、一冊の雑誌を買おうか買うまいか、ちょっと迷った。普段、買い物をするときに、私はそんなに迷う方ではない。ただ、その雑誌の時には迷った。そして結局、買わなかった。いつもは、大体、手に取ったら買ってしまうケースが多いのだが、その時には妙に迷った。一つには“袋とじ”のページが多くて、開いて見てがっかりするのが嫌がったせいかもしれない。多分、その雑誌の編集者は“袋とじ”にすることで「買ってもらえるはずだ」という意識で作成したのだろう。そうでなければ、三か所も四か所も“袋とじ”にしない。けれども、私は最近、そういうのを破いて視ること自体が面倒で、そのままになってしまうケースも多い。映画でもTV番組でもそうだが、あまりにも“予告”ばかりを見せつけられると、もう何だかその番組を見たような気分になって、本編を観ようと思わなくなる。天邪鬼的な性質だからだろうか。“予告”とか“宣伝”とかは、ちょっとなら良いのだが、何度も何度も繰り返し行われると、妙に冷めた気分になってしまう。書籍でもそうだが、何百万部も売れたような本を、私は読んだことがない。逆に、何の宣伝も予告もなくて、それなのに何気なしに観て感動すると、ものすごく得したような気分になる。その“出逢い”に感謝したいような気分になる。人生というのは、最終的に「何を択ぶか」「どう決断を下すか」の繰り返しである。私は、そういう時、みんなの意見とか噂とかよりも、自分の“直感”を重視する。よく、何でも「口コミ」重視でものを決める人がいるが、口コミというのは要するに「他人の感覚」でしかない。多くの人はそうなのかもしれないが、自分は違っているかもしれない。それは実際に体験してみなければわからない。そうだとすれば、私なら自分の“直感”の方を優先する。その方が後悔しない人生を歩めるからだ。最終的には誰もが「自分の人生」である。違っていても誰も責任を取ってはくれない。多くの人達の感覚と自分とが「同じ」と思うのなら「口コミ」に従って良いが、自分は“みんな一緒”に同意できないなら、最終決断は“直感”で下した方が、後悔の無い人生を歩めるのだ。


最近の記事はこちら

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.