今日の迷言・余言・禁言

「未来」を救うか「今」を救うか

来日しているミャンマー・スーチー政権に対し、安倍政権は官民合わせて8000億円規模の支援を行うことを表明した。すごい金額だ。最近、東南アジアへの支援は加速している。思い出すだけでもフィリピン、ベトナム、マレーシア、インドネシアなど矢継ぎ早に支援を表明している。これらは安倍政権が掲げる「未来投資」としての支援である。確かに、近年は中国や韓国から東南アジアへの進出や影響力が急速に強まっている。将来の日本の経済や発展を考えるとき、東南アジアとの関係はゆるがせにできないのだ。中国の南シナ海問題もある。日本の将来を考えた時、東南アジア各国との関係は欠かすことができない地域で、それは単に“経済”の面だけでなく、介護スタッフなどの人材や“平和の維持”という観点からも重要性が増している。したがって、さまざまな意味で「未来投資」は20年後、50年後を見据えた時に必要なのである。けれども、その一方で今現在の“日本の現状”がある。近年、日本の子供たちの貧困率が進んでいる。一つには、若いシングルマザーが急速に増えてきたからだ。6人に一人の子供が“貧困”という異常事態に入りつつある。こちらの方の支援は今一つ進まない。実は、一番の問題は“子供たちの格差”がじわじわ広がっている点にある。例えば、私が幼い頃、私は紛れもなく“貧困の子”だったが、町全体に“そういう子”はあふれていた。確かに“金持ちの子”もいたが、少数だった。日本全体がそうであって、高度成長の階段にようやく足をかけた頃であった。人情味あふれた人達が沢山いて、貧しい子供たちには“おやつ”をくれたりもした。今はそうではない。“貧困の子”は6人に一人だが、それ以外の子の内、4人は“普通の子”であり、一人が“金持ちの子”というような図式であろう。つまり、“普通の子”のレベルが、あのころとは違うのだ。歴然と隔たりがあるのだ。この「今」を救うのも政治の役割である。“貧困の子”が首相にならないと、この点は改善されないかも…。


最近の記事はこちら

お遊びの「宝探し」を“神”は許さない

「宝探し」という言葉から、あなたは何を思い出すだろうか。海に沈んだ“財宝”、山奥に隠された“金塊”、埋葬された遺体と“黄金”、密林の向こうの“黄金遺跡”…いくつかのパターンやシーンが頭に浮かぶ。そうい…続きを読む

「ご要望がある限り…」という“名言”

「グラビアアイドル」という名称は、いったい誰が付けたのだろう。誰なのかはわからないが、よくよく考えると“奇妙な名称”である。だが、何となくは理解できる。そして実際に、そういう形で多くの女性達が“仕事”…続きを読む

「聖なる殺人もする」思想教育の恐ろしさ

最近、日本ではあまり「IS(イスラム国)」のことがニュースで取り上げられなくなった。けれども、刻々と情勢は変化し、5月28日早朝のロシア爆撃機スホイ34、戦闘機スホイ35の空襲で「IS(イスラム国)」…続きを読む

「神様」と「運命」

時々「神様」や「運命」は平等だろうか…と考える。正直、どちらも平等だとは思わない。私は大昔、ラジオの深夜放送をよく聴いていて、時々その番組のパーソナリティー宛に、ちょっとした詩やエッセイや物語の混ぜこ…続きを読む

「地球は生きてるんだ!」と、噴火は続く

今年4月、またまた「西之島」が再噴火した。2013年11月に噴火を始めて、2015年11月にいったん沈静化、これで収まるのかと思いきや、2017年4月に再噴火、現在も噴火継続中であり、島は少しづつ大き…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.