今日の迷言・余言・禁言

「本能的人相学」だけは、なぜ世界共通⁉

私は以前から不思議に思っていることがある。それは、人はだれでも本能的に「人相家」として、発言したり、振る舞ったりする、ことに対してである。なぜ、何にも「人相」の勉強をしていないのに、堂々と自信をもって「人相家」として、発言するとか、行動するとか、出来るのだろう。世の中、そんなに「自信家」が多いのだろうか。実は、アメリカが連邦政府としては17年ぶりに「死刑」を挙行したというニュースが流れた。そこには17年ぶりに“死刑執行”された人物の写真が掲載されている。グニエル・リーという人物で、1996年に一家三人を殺害した“白人至上主義者”である。確かに“悪そうな顔”をしている。誰が観たって“悪そうな顔”なのだ。けれども、もちろん、それは第三者の主観であって、実際に日頃から「ワル」だったのかどうかは、本当のところ分からない。私は観相家だが、いま述べたのは「人相学」の方からではなくて、あくまでも“何となくの主観”、或いは“見た目の印象”からにすぎない。ここが、私の言う“本能的な人相学”で、じつはそれは単なる印象でしかない。ところが、この“本能的な人相学”のやっかいなところは、誰しもが、学ばなくても潜在的に持っていて、日常において駆使していることである。どうして人は本能的に「悪い人」だとか「善い人」だとか、決めつけられるのだろう。それは、決して人相学上のシステムを踏んでいない。謂わば“直感”にすぎない。それも、見た目だけの“直感”にすぎない。けれども、ほとんどの人達は、そこに自信を持っていて、何も学んでいないのに自信を持っていて「絶対、悪い人だって‼」などと言う。とにかく、自信家が多いのだ。しかも、それは“世界共通”で「悪い人」は、世界の果てまで「悪い人」で通用する。そういう点からすると、やっぱり、先天的に「美しく」生まれついているとか「可愛らしく」生まれついているというのは、人生上の“お得”が多い、ということになる。ところで、アメリカはなぜ忘れていた“死刑執行”を行ったのだろうか。それは、多分、彼が「白人至上主義者」だったからだ。現在、世界各地で“人種差別問題”がクローズアップされている。アメリカは「われわれは人種差別の国ではない」ということをアピールしたいのだ。もっとも、その死刑執行の方法は“薬物注射”で、アメリカなのに銃の一斉射撃で、“首が飛ぶ”という方法ではなかった。


最近の記事はこちら

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.