今日の迷言・余言・禁言

「東洋の神秘」が崩れ去る時

私は時々“東洋人”と“西洋人”には、“男”と“女”の違いにも似た“違い”を感じることがある。この人の場合など、その“違い”がプラスに働いた典型なのだ。その名は「こんまり」こと近藤麻理恵氏のことである。彼女は今や“世界的なスター”であって、それもアメリカのTVが「東洋の神秘」として持ち上げてきた結果による。何のことはない“片付け上手な奥さん”多分30年前までなら、そういう風にしか呼ばれなかったに違いない人物なのだ。彼女は幸運にも若くして有能な編集者が付いて『人生がときめく片付けの魔法』という本を出版した。タイトルが実に良かった。この本は売れに売れ、マスコミでも評判となった。やがて欧米でも彼女の存在が注目されるようになった。多分、一つには彼女がまだ若くて美しく長い黒髪だったからだ。もし、同じ内容の本を60代のおばさんっぽい女性が出していたらどうだったろう。少なくとも、欧米でTVに出て著名になることはなかっただろう。黒髪の人形のような顔立ちの可愛らしい女性が、部屋の中を手早く片付けていく。合理的に片づけていく。魔法をかけたように部屋を美しく変身させる。欧米人が好みそうなファンタジーなのだ。この実践していく姿をTV番組のショーとして放映したのだから、アイドルのように人気が爆発した。それは、だから本当のところ“東洋の異次元世界”として、丁度マジックの二代目の引田天功氏が欧米で喝采を浴びたのとほとんど同様な理由からだった。彼らは、黒髪美人で人形のような雰囲気を持った女性を、無条件で受け入れる。「東洋の神秘」として受け入れるのだ。極端なことを言えば、仕事そのものは“それなりに出来れば”良いのだ。こうして「東洋の神秘=こんまり」が誕生する。その演出を自ら買って出たのが、今のご主人なのだ。彼は彼女を「世界のこんまり」とすべく頑張った。だから、彼女は結婚6周年目の昨日、このご主人と結婚できたことに改めて感謝の言葉を述べている。けれども、私は心配でならない。彼女のホロスコープには金星と土星の0度一体化のアスペクトがある。これは一度は「愛が崩れ去ること」を意味する。私の経験では必ずと言っていいほど、その体験をする。ご主人でしなかった場合には、お子さんとの間で起こる。四柱命式では「梟神」が強く、子供は“我が子を食する”「フクロウの神」の作用を受ける。とにかく、愛が崩れ去ってしまわないことを願うしかない。


最近の記事はこちら

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.