今日の迷言・余言・禁言

「正しい方向」を探り出すこと

人生には、時に“どうすることもできない”ような“八方ふさがり”の時期がある。往々にしてそういう時に“自暴自棄”となって、自ら人生を狂わせてしまうケースが多い。けれども、そういうときに“忍耐強く”時の至るのを待って、苦悶しながらでも“正しい方向”を模索し続けていれば、やがて“長いトンネル”を抜け出したような“一筋の光明”が必ず見えてくるものである。ここで重要なのは、どこまでも正しい方向を模索し続けるということで、なんとなく気力を失い、日々惰性で流され続けていては“トンネルから抜け出す”のは容易ではない。かといって、がむしゃらに努力すればよいというものでもない。ここが難しいところで、多くの人は“どちらかに傾きがち”である。惰性に流されるのでもなく、がむしゃらに努力するのでもなく、自分の状況を冷静に見つめながら、忍耐強く“正しい方向”を模索し続けていく。「運命の女神」は、そういう人に“チャンス”を与えようとする。だから、一度や二度の失敗で“自暴自棄”になってはならないのだ。多くの人が感じているように「運命」は不平等だが、人生上の“チャンス”は不平等なりに必ず訪れる。元々“不平等なもの”を嘆いていても仕方がない。むしろ、不平等なりに“必ず訪れるチャンス”に賭けた方が“賢い生き方”といえるのではないか。忘れてならないのは、どこまでも、いつまでも、“正しい方向”を模索し続けていく、という点にあるのだ。


最近の記事はこちら

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

「歴史」は創るものではなく、出来上がるもの

「貿易戦争」という言葉が一般化してきた。昨日、中国では“世界フォーラム”が開かれたが、その中で楊潔氏は「中国は貿易戦争を望まないが、恐れもしない」という表現で、アメリカとの対決姿勢を前面に打ち出した。…続きを読む

セブン&ローソン「居酒屋」を兼ねる⁉

7月17日から「セブン―イレブン」では店頭で“生ビール”を発売するそうだ。レジ横にビアサーバーが設置され、Sサイズ100円、Mサイズ190円也の“生ビール”を販売するらしい。もちろん、会社帰りのサラリ…続きを読む

「命のロウソク」は売っていないのに…

東京江戸川区の住宅で13日の夜、練炭による“集団自殺”の可能性が高い5人の死体が発見された。おそらく、この家の持ち主が“自殺志願者”たちを道連れにして集団自殺を図ったと思われる。今のところ、男性一人、…続きを読む

美穂は「黄金期」を再来できるか

丁度、80年代から90年代にかけて日本の“バブル期”と重なっていたのがフジテレビの“黄金期”だった。そのフジテレビが“復活”を目指すべく“白羽の矢”をたてたのが女優・中山美穂氏である。確かに、89年「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.