今日の迷言・余言・禁言

「正しい生き方」は“正しくない”のだ⁉

世の中には何でも“正しく”なければ気の済まない人達がいる。そういう人たちは「あれもダメ」「これもダメ」と言って、世の中に“規制”や“罰則”を増やしていく。そして、そういう人たちは「私たちは世の中を良くしている」と心底思っている。飲食店以外のサービス業での“喫煙”が禁止になった。確かにタバコは健康に良くない。20代の時には一日60本以上は吸っていたタバコを、私は友人との酒の席での“賭け”で止めた。二人で同時に“禁煙”したのだ。その後、もう何十年にもなるが、私は全く吸いたいとも思わない。一方、友人の方は、いつの間にか元に戻った。私はあの時、単純に“賭け”に勝ちたかっただけである。健康のために止めようなどとは少しも思っていなかった。多分、それが良かったのだ。人間は“正しいこと”を意識して物事を始めると、大体長続きしないものだ。私のように、よこしまな気持ちから始めると、いつでも再開できるという気持ちがあって、かえって長続きできたりする。「規制」は、上から押さえつけるような締め付けが一番良くない。そういう意味では、実質「カジノ法案」とも呼ばれる「IR実施法案」が可決されたのは、とても良いことだ。ギャンブル依存症を恐れる人たちが本気で反対しているが、前にも言ったが「依存症」はギャンブルに限らない。“アルコール依存症”だって、“買い物依存症”だって、“ゲーム依存症”だって、何でも同じだ。何かに“縋ろう”とする気持ち、“現実逃避”しようとする気持ち、“ストレス発散”しようとする気持ち、それらが依存症を生み出す。その根本的なところを押さえないで、結果の部分だけに規制を加えても、依存症は無くならない。別な形に置き換わるだけだ。最近、パチンコにも規制が掛かっているが、彼らは実際に近年のパチンコ屋さんに足を運んでみたことがあるのだろうか。特に「1円パチンコ」のコーナーで座っているのは、ほどんどがお年寄り達である。若い人たちなど少数である。これはどういうことかというと、お年寄りの“娯楽”が乏しいということなのだ。「1円パチンコ」の場合、勝っても知れている。本当の“ギャンブル好き”からすれば、勝負などと言える金額ではない。それでも集うのは、楽しみの少ない“孤独な老人たち”の唯一の“小さな楽しみ”に違いないからだ。そして、世の中には、そういう“小さな楽しみ”で生きていられる人達が無数にいるということを、“正しい生き方”を主張する政治家たちは見つめなおした方が良い。


最近の記事はこちら

全盲でも「太平洋」をヨットで渡れる

今から6年前、冒険旅行に旅立ったはずのキャスター辛坊治郎氏は太平洋上でヨットが動かなくなって漂流し、自衛隊に救助されて終るという“お粗末な出来事”があった。私はニュース映像で何となく見ただけで、事件の…続きを読む

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.