今日の迷言・余言・禁言

「正統占星学」の“教え”は間違っていた

昨日、占いサイト「PROLO」で毎月連載している“恋占ニュース”で「破局・離別」が生じる時期判断の方法を公開した。実は、西洋占星学において“別れの時期”を読み取る方法というのは、私の知る限り研究発表されたことがない。運勢的な年時判断の中で、恋人や配偶者との間に“トラブルが生じやすい”と見たてることはあっても、確かな“破局時期”や“離婚時期”として捉える方法はなかった。いや、それだけではない。恋愛の出逢いとか結婚をする年月にしても、的確に“判断する方法”が見当たらなかったのだ。正当な占星学で“教えられている観方”では的中しないからだ。私は、いつの頃からか、オーソドックスな占星学の“教え”を捨てた。それでは正しく鑑定することが出来なかったからだ。そうして振出しに戻って“いつ”なのか、研究し始めた。そうして出逢いや結婚はもちろん、さまざまな“運命の時”を突き止めることに成功した。「破局・離婚」の研究も、そういう一環である。これを知るためには、多数のデータが必要で、それにもってこいなのが、著名人たちの“結婚・離婚”等の報告なのである。面倒で時間はかかるが、こうして数百件の“破局データ”は集まった。それに基づいて分析を進める。ここでは従来の“占星学的な観方”を使わない。というか実際には当てはまらない。多数のデータを、どのように検証していくのかについては研究者以外には不要だと思うので省くが、一言で言えば“共通しているトランジット”を見つける以外にない。出生時の惑星位置を、トランジット(通過)惑星がアスペクト(角度形成)する時期を探し当てる。「離婚」なら、離婚の時期に“共通しているアスペクト”を探し出すのだ。このような実証的な研究というのを何故か“過去の権威者”たちは行っていないのだ。データを集めにくいというのも、理由の一つかもしれないが、理論に溺れ過ぎていたというのが一番の理由だろう。占星学に限らず「占い」は、理論通りに行かないものが多い。実証的なデータを集めて地道に“真実を探り当てること”こそ、私が出来る後進の研究者たちへの“最高のプレゼント”となるだろう。


最近の記事はこちら

バブル期88年の「13連騰」に並んだが…

私は9月13日に「日本株反転の兆し」を予言し、9月28日に「日本株“長期上昇の形”は整った」と予言した。それらは不思議なほどに的中し、日経平均はバブル期真っただ中1998年2月の記録「13連騰」に並ん…続きを読む

聖心女子大卒同士の対決‼

世の中にはいろいろな対決がある。この二人は共に「夫の身代わり」である。そして共に「聖心女子大」という“お嬢様学校”を卒業している。そして「母親」でもある。そして一応「美人」に属する。そしてここからは私…続きを読む

「イスラム国」は滅んでも…

シリア民主軍が昨日、過激派組織IS(イスラム国)が「首都」と位置付けるシリア北部ラッカ全域の制圧に成功した。このところISには以前の勢いがなく、主要モスクも奪われ、首都も失ったことで、事実上の崩壊とな…続きを読む

セレブは“告発“より“パーティー”がお似合い

モデルで社長の鈴木亜子氏公式ブログに、笑顔でドレス姿の松居一代氏の姿が掲載された。NPO主催のパーティに出席した控室で鈴木氏とのツーショット写真だ。ちゃんと化粧して、ちゃんとドレスを着たタレントで投資…続きを読む

アメリカを襲う「ドクロ」の数々

米カリフォルニア州の山火事が強風にあおられ拡大している。既に40人以上が死亡し、200名以上が行方不明となっている。1万人以上の消防隊員が招集され、16か所から消火や鎮火の活動を行っているが、今のとこ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.