今日の迷言・余言・禁言

「正解」は“潜在意識”が知っている

人生には誰でも“すぐに回答が出せる問題”と、本当の“答え”がどこにあるのか中々つかみにくい問題とがある。その“回答の難しい問題”を与えられた人は、人生の一時期を、その問題で懊悩し続ける。時には人生の多くが“その問題”に費やされていく。しかも、実際には“誰にも解けない問題”であることもあれば、“答えが幾通りもある”ケースも存在している。多くの人は懊悩しながらも、漠然と“これは自分の人生に与えられた課題なのだ”と察知する。自分以外に“答え”を求めても、すっきりとした回答を得られにくいことを、本能的に知っている。そこまではたいていの人が辿り着く。問題は、そこからなのだ。人は“ふたて”に分かれる。つまり“正解など見つけられない”と投げ出してしまうタイプと、一歩、一歩、“正解に近づいていこう”とくらいついていくタイプだ。実は、その回答を知っている「唯一の人」がいる。それは誰あろう“自分自身”だ。自分自身の“潜在意識”こそ、唯一の“正解”の持ち主なのだ。われわれは普段“顕在意識”と共に暮らしている。それは“自覚している自分”という意味であり、“左脳的な自分”と表現しても良い。けれども、本当は“そこだけ”で暮らしているわけではない。時に“無意識の…”と表現される、或いは“本能的な…”と表現される「もう一人の自分」と一緒に生きている。厳密に言えば、あまり“一緒に居る”感覚を持たないのだが、それでも“本当は一体化している”ことを何となく自覚している。“顕在意識”を使って暮らしているときには、ほぼ“眠ったような状態”で、表に出てこないのが“潜在意識”なのである。けれども、本当に眠っているのかというと、実はそうではない。必要な時には“不意に表に現れる”正義の味方なのだ。絶体絶命のピンチになった時、われわれは“本能的な行動”をとる。それによって“窮地から逃れる”ケースは多い。この“本能的な行動”こそ“潜在意識の正体”なのだ。だから、どうしても“正解”に辿り着きたいときには、日常的な意識を捨てて“本能にゆだねる”のが一番なのだ。この“ゆだねる”という感覚に至った時、おのずと“正しい答え”が見えてくる。


最近の記事はこちら

「本能的人相学」だけは、なぜ世界共通⁉

私は以前から不思議に思っていることがある。それは、人はだれでも本能的に「人相家」として、発言したり、振る舞ったりする、ことに対してである。なぜ、何にも「人相」の勉強をしていないのに、堂々と自信をもって…続きを読む

“占い”を「哲学」にすることの「危険性」

まず誤解を避けるために、私は特定の占術家を傷つけたり、攻撃したりする気は毛頭ない。ただ根本的に“危険な部分”を孕んでいるので、それを指摘しておきたいだけだ。去年から今年にかけて占星家として知られる松村…続きを読む

昔、縁起の悪かった「元号」は変えられた⁉

記憶力があいまいで、それが日本の話だっだか、中国の話だったか、判然としない。けれども、どちらかの国で間違いなく“そういう年”は、存在している。つまり「新たな元号」に変わって、悪いこと続きで“縁起が悪い…続きを読む

81%が「自分の血液型」を知らない国

日本で「自分の血液型を知らない」というのは、何んとなく“無知なこと”のように思われがちだ。かくいう私も、多分「A型」だとは思っているのだが、それはあくまで父親と母親と兄弟の血液型からの推測で、本当のと…続きを読む

「ユニコーン」が出現する夢の意味は…⁉

たまたま「東京国立博物館」の“東洋館”にあるという「アジアの占い体験コーナー」に関しての記事を読んだ。興味深い内容で、モンゴルの「シャガイ占い」について書かれていた。羊のシャガイ(くるぶしの骨)を使っ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.