今日の迷言・余言・禁言

「歯」が入れ替わって「心」も入れ替わる?

数年前から「歯」が、抜け始めていた。理解しにくいと思うので、もう一度書くと「歯」の何本かが“根本から”抜けていった。違和感が何日か続いた後、或る日、すぅーと抜け落ちる。ほんとうに根元から抜け落ちるのだ。だから“妙に長い歯”だった。そういう「歯」が何本かあって、最後に「前歯」の片方が抜けた。さすがに目立った。ただ食事には支障がなかった。それで、そのままにしていたら、数日たって妻に見破られた。強制的に歯医者に連れて行かれ、抜本的な治療が始まった。こうして一月ほど経って「新しい歯」が出来上がった。7~8本の“ブリッジ型入れ歯”だが、確かに見栄えが良い。まだ少し“違和感”があるが、多分慣れるだろう。あとは“下の方”らしい。私の両親は共に「総入れ歯」だった。不思議と両親共にそうだった。だから遺伝的に抜けやすかったのだ。「歯」というのは、運命学的には“家族・親戚運”と深く関わっている。総じて「歯」に問題のある人は“家庭運”が良くないものだ。私の両親も確かにそうだった。私自身も、あまり良い方ではない。両親に早く死なれたし、兄弟はみな離れていて逢うことが中々難しい。北海道、東京、九州では当然だ。私は最初の結婚で“娘”を得たが、離婚後は滅多に逢えなくなった。もう25になる娘とは十代後半から1度も逢っていない。そういうわけで再婚して“新しい妻”を得たが、子供はいない。「歯」の呪いは、そういう風に的確だ。それでも「前歯」が出来たので「義母」は癌から生還できるだろうか。「妻」も“特殊な病気”から立ち直れるだろうか。「見かけ上の歯」が、私を救ってくれるだろうか。そのうち、新しい「心」に入れ替えたいが、どこへいけば良いのだろう。


最近の記事はこちら

「カジノ」で“勝つ”か“負ける”かの選挙戦

北海道と大阪府の知事選で“勝つ”か“負ける”かの「鍵」を握っていそうなのが「カジノ」である。カジノというのは文字通り“勝ち・負け”を競うところだが、そのカジノ誘致が経済活性化の起爆剤と「噂」されている…続きを読む

不可思議なもの「親の血を引く兄弟」

昔、北島三郎氏は「♪親の血を引く兄弟よりも…」と歌った。実際、世の中には“実の兄弟”よりもはるかに“兄弟的な関係”となる友人・仲間・同僚を持つ人達もいる。特に20代から50代くらいまでの間、血縁者たち…続きを読む

「未来」には“さまざまな選択肢”がある

人は思いつめると「もう、これしかない」という結論に陥りがちなものである。さまざまな事件とか、犯行とかは、そういう時に起こる。世の中には、最初から“犯罪者的素質”を持って生まれている人もいることはいるが…続きを読む

「怖い女たち」を彩ったトプカプの至宝

今日3月20日から六本木の「国立新美術館」でオスマン帝国の栄華を誇った時代の「トルコ至宝展」が開かれている。15世紀から18世紀の時代に使われていたトプカプ宮殿秘蔵の品々が展示されているのだ。どうして…続きを読む

「ネット民」は“敵”か“味方”か⁉

現代は「世間の声」としてのインターネット上の“書き込み”を無視できない時代となっている。時として、それが“幸運をもたらす”場合もあれば、“不幸を引き連れて来る”場合もある。昨日、モデルでタレントの梅宮…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.