今日の迷言・余言・禁言

「死」と隣り合わせの職業

プロレスラー高山善廣氏が頸椎損傷により救急搬送されたのは今年5月4日のことである。以前にも試合で脳梗塞を発症し、その後、回復した経緯があるだけに今回も期待されたが、事務所を通じて“回復の可能性がない”見通しであると報道された。要するに「首」から下の感覚がないらしいのだ。親友・鈴木みのる氏が号泣するほどの状態なのだろう。格闘技はどれも「怪我」と背中合わせの職業である。おそらく全く怪我をせずに仕事を続けている方はほとんどいないのではないだろうか。怪我だけなら、まだ良い。時には「命」さえも失われる。日本では、プラム麻里子、門恵美子、三沢光晴などの諸氏が試合直後に死亡している。安川悪斗さんは顔面をボコボコにされ、ハヤブサ氏は半身不随となり、本間朋晃氏は脊髄損傷して現在も治療中である。このような職業を選ぶからには、よほど体力や腕力に自信がある人達なのだろうと思いがちだが、意外にもひ弱だった人が多い。高山氏も物心ついた時から小児喘息で、そのために子供の時から体を鍛えようとしたらしい。喘息は大人になって一時期治まったが、プロレスラーとなってストレスが溜まって再び発症するようになった。だから吸入器が欠かせない。一時期は脳梗塞にもなって、この人、病気には弱いようだ。そのホロスコープを見ても太陽と土星とが180度で向かい合っている。土星は「悪魔の星」で“悪役”向きではあるが、持病を持ちやすい配置なのだ。とてもプロレスラーは勧められる職業ではない。四柱命式で見ても「七殺」が強い。その生涯において、手術を伴う大きな病気や怪我などの多い人につく星である。しかも、今年は、その七殺の年なのだ。“不死身のレスラー”は、もう一度、奇跡を起こして蘇ることが出来るだろうか。


最近の記事はこちら

「行方不明届け」は「殺しの暗号」か

BSのTV番組欄には“推理ドラマ”の再放送が多い。それだけ“推理ドラマ”は時代が多少ずれても楽しめるからだろうか。推理ドラマは楽しければそれで良いのだが、現実の“殺人事件”は決して楽しいものではない。…続きを読む

まじめな“親子”は一緒に“穴掘り”

周辺の人達や仕事関係者たちから一様に「まじめで親切」と評価されていた“親子”が殺人遺棄をした。おそらく息子が妻を殺して母親に打ち明け、母親がそれを隠そうとして自宅の庭に、二人で“死体を入れるための穴”…続きを読む

「カジノ」を“悪魔”という前に…

日本人の中には「カジノ」を“悪魔”呼ばわりする人たちがいる。ところが、そういう人たちでも「宝くじ」には何故か寛容で“夢を買う”などと言って、購入したりする。そこで、こういう話はどうだろう。中国では、基…続きを読む

共感できても支持できない表現

近年はすぐ誰がどう発言したかが拡散する。特に芸能人、政治家、文化人などの場合がそうである。ある意味で、それは“有名度”を測るバロメーター的な部分もある。そういう意味で影響力の強いホリエモンこと堀江貴文…続きを読む

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.