今日の迷言・余言・禁言

「死」と隣り合わせの職業

プロレスラー高山善廣氏が頸椎損傷により救急搬送されたのは今年5月4日のことである。以前にも試合で脳梗塞を発症し、その後、回復した経緯があるだけに今回も期待されたが、事務所を通じて“回復の可能性がない”見通しであると報道された。要するに「首」から下の感覚がないらしいのだ。親友・鈴木みのる氏が号泣するほどの状態なのだろう。格闘技はどれも「怪我」と背中合わせの職業である。おそらく全く怪我をせずに仕事を続けている方はほとんどいないのではないだろうか。怪我だけなら、まだ良い。時には「命」さえも失われる。日本では、プラム麻里子、門恵美子、三沢光晴などの諸氏が試合直後に死亡している。安川悪斗さんは顔面をボコボコにされ、ハヤブサ氏は半身不随となり、本間朋晃氏は脊髄損傷して現在も治療中である。このような職業を選ぶからには、よほど体力や腕力に自信がある人達なのだろうと思いがちだが、意外にもひ弱だった人が多い。高山氏も物心ついた時から小児喘息で、そのために子供の時から体を鍛えようとしたらしい。喘息は大人になって一時期治まったが、プロレスラーとなってストレスが溜まって再び発症するようになった。だから吸入器が欠かせない。一時期は脳梗塞にもなって、この人、病気には弱いようだ。そのホロスコープを見ても太陽と土星とが180度で向かい合っている。土星は「悪魔の星」で“悪役”向きではあるが、持病を持ちやすい配置なのだ。とてもプロレスラーは勧められる職業ではない。四柱命式で見ても「七殺」が強い。その生涯において、手術を伴う大きな病気や怪我などの多い人につく星である。しかも、今年は、その七殺の年なのだ。“不死身のレスラー”は、もう一度、奇跡を起こして蘇ることが出来るだろうか。


最近の記事はこちら

「アップルウォッチ」が“殺人”を暴くか⁉

トルコ政府に近い地元紙「サババ」は13日、イスタンブールのサウジアラビア総領事館を10月2日に訪問して後、行方不明となっているサウジ人の新聞記者カショギ氏が、サウジアラビアから来た“暗殺集団”に激しく…続きを読む

なぜか『ムー』だけが残った

10月12日から都内で秘かに開催されているのが「創刊40周年・ムー展」である。1979年10月の創刊から正確に言うと来年で40周年になる。まあ1年前倒しでの“40周年記念イベント”らしい。創刊当時から…続きを読む

「中高生アイドル」の問題点

今年3月に自殺した松山市を拠点とする“農業アイドル”「愛の葉ガールズ」の大本萌景(ほのか)さん・享年16歳のご遺族が、娘が自殺したのは所属事務所社長のパワハラが原因として9200万円の訴訟を起こした。…続きを読む

「別件」が気になる「ミイラ取り捜査官」

時々、ニュースそのものよりも、その“関連事項”の方に惹きつけられることがある。札幌駅付近で10月10日に逮捕された成田順容疑者の「覚せい剤事件」もそうだ。実は彼は2008年4月から、ずっと“薬物捜査”…続きを読む

「福」をもたらすドロドロ鬼神

10月8日9日に沖縄の宮古島に行くと、あなたにもきっと「福」が授けられる。但し、少々汚くなるし、泥臭くもなるけど、その辺は我慢しなければならない。この島では毎年、国の重要無形民俗文化財にもなっている「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.