今日の迷言・余言・禁言

「死」のライブ配信

誰でも“怖いもの見たさ”という部分はある。多分、だから、その仲間たちは毎夜のように“銃による競演”をライブ配信していたのだ。“銃を片手に会話する”…多分、それが何となく“かっこよく”感じられていたのだ。13歳の少年たちには…。けれども、実弾が入った銃は、いつ暴発するかわからない。自室に鍵をかけて閉じこもり、インスタグラムを使ってライブ配信する。もちろん、家族には秘密だ。仲間たちだけの秘密の世界。その夜はマラカイ・スティーヴンス君の番だった。そしておそらく、彼は電話での会話の方に気を取られていたのだ。一応お決まりの“銃口を頭に向けるスタイル”で会話していたが、一瞬、気が緩み、指が動いたのかもしれない。次の瞬間、彼は床に崩れた。銃弾の音が響き、下から母親と妹が駆け付けた。けれども、部屋には鍵が掛かっていた。なかなか開かない。本能的に危機を察知した母親は必死にドアをけ破って中に入った。そこに血塗れの息子が倒れていた。妹が瞬時に“ライブ配信”されていることを悟った。けれども、もう後の祭りだった。“死の瞬間”を見た仲間や近隣の人達が集まって来ていた。すぐ救急搬送されたが、既に死亡していた。同じジョージア州では、つい最近、同じようにインスタグラムによるライブ配信で“自らの首つり自殺”を中継した12歳の少女がいた。ITなど不得意な私には、どうやってライブ配信など出来るのかわからない。けれども、今の少年・少女たちには、それが可能なのだ。次に“銃の問題”…仲間の誰かの銃であったことは間違いがない。アメリカはどこからでも銃を手にすることが出来る。あたかも、自然なことのように「死」がライブ配信される。進化とは何だろう。死とは何だろう。


最近の記事はこちら

「聖なるガンジス」にマジシャンは消えた⁉

俗に「脱出マジック」と呼ばれているものが有る。マジシャン自身が両手両足を鎖に繋がれ、水槽とか地底の箱に入れられて、時間以内に脱出できなければ“命はない”という危険なマジックだ。日本では昔、初代・引田天…続きを読む

「平成駆け込み婚」&「令和婚」と天王星アスペクト

私は基本的に自分の宣伝めいたことを書くのはあまり好きではない。ただ今回は占星学の研究者には参考になるかもしれないので、一応記しておく。月に1回(厳密に言えば現在は2回分)ココロニという占いコンテンツ企…続きを読む

「警察で預かる」と詐欺した巡査長

職業的にみて「絶対にやってはいけないこと」というのがある。例えば、警察官が特殊詐欺に遭いそうになった人のお宅に出向いて行って“詐欺をする”なんて、これはどう考えたって救いようがない。親切そうだった現職…続きを読む

購買率95%男性「お嬢様聖水」は“美容飲料”⁉

最近は“ネーミング”ひとつで同じ商品でも売れたり、売れなかったりする。今、密かに話題となっているのは「お嬢様聖水」だ。別に“成人向け”なわけではない。けれども、一般のコンビニなどではまだあまり置かれて…続きを読む

お手本とすべき「ぱみゅぱみゅ」の言葉

人間には元々“偏見”の強い人と、少ない人とがいる。口では「平等」などと言いながらも、その言動を見ると、とても平等な見方を持っているとは思えない著名人も多い。昨日、私が感心したのは歌手きゃりーぱみゅぱみ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.