今日の迷言・余言・禁言

「死にたい病」から大成した人生

「人は見かけによらない」というが、女優・高橋惠子さんなども、その典型と言えそうだ。近年は“落ち着いた大女優”の風格を漂わせている。ところが、この人、若い頃は「お騒がせ女優」の典型だった。その波乱に満ちた「関根恵子(元の女優名)」時代についてインタビュー番組の中で自ら語った。そう彼女は結婚を機に“女優名”も変えた。ちなみに、それによる“画数の変化”は、どちらの名前にも“凶数”が存在し、決して完全な良名とは言えない。ただ、元々本名を使って仕事をしてきただけで、入籍によって名前が変わっただけの話ではある。したがって、名前が“人生に変化をもたらす”のは事実だが、必ずしも“画数”が変化をもたらすとは限らないのだ。よく、結婚によって“悪い画数に変わる”と心配される人がいるが、もし、仕事上での変化を嫌うのであれば、旧姓のまま仕事を続ければ良い。画数の“悪さ”を気にしすぎる人は、そのことが“精神衛生上”良くないので、そういう意味で、変えてしまった方が良い。但し、画数が良ければ“運命が良くなる”というのは一種の“暗示作用”にすぎない。“姓名”というのは“画数”のもたらす“書く”作用だけでなく、文字形のもたらす“見る”作用や、発声のもたらす“聴く”作用も備わって構成されているものだからである。ところで高橋惠子さんだが、関根恵子の22歳の時に睡眠薬で最初の自殺を図った。かろうじて命はとりとめたが“死にたい病”は治らなかった。山奥の生活に切り替えて2年後、舞台復帰作の主役が決まったが、その直前になって突如疾走。劇作家の男性とバンコクへ逃げたのだ。マスコミは「愛の逃避行」として大々的に報道した。この時も“死にたい病”方抜け出せずに、112日間の逃避行の中で死ぬことばかり考えていたらしい。けれども、日本に戻って“謝罪会見”を開いた後、それまでの“憑き物”が落ちたように仕事に没頭する。その後、結婚して姓名が変わり、文字通り「関根恵子は死んだ」と本人もおっしゃる。彼女にとっては「関根恵子」は“過去”ではなくて“故人になられた他人”なのだ。


最近の記事はこちら

新社名「大樹生命」は、“巨木”に生れ変れる⁉

古くからの会社が継続していることで知られる“生命保険”業界。会社そのものの業態についはよく知らなくても、その社名だけは“知っている”という企業が多い。そういう企業名の一つであった「三井生命」が、今年4…続きを読む

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.