今日の迷言・余言・禁言

「死にたい病」から大成した人生

「人は見かけによらない」というが、女優・高橋惠子さんなども、その典型と言えそうだ。近年は“落ち着いた大女優”の風格を漂わせている。ところが、この人、若い頃は「お騒がせ女優」の典型だった。その波乱に満ちた「関根恵子(元の女優名)」時代についてインタビュー番組の中で自ら語った。そう彼女は結婚を機に“女優名”も変えた。ちなみに、それによる“画数の変化”は、どちらの名前にも“凶数”が存在し、決して完全な良名とは言えない。ただ、元々本名を使って仕事をしてきただけで、入籍によって名前が変わっただけの話ではある。したがって、名前が“人生に変化をもたらす”のは事実だが、必ずしも“画数”が変化をもたらすとは限らないのだ。よく、結婚によって“悪い画数に変わる”と心配される人がいるが、もし、仕事上での変化を嫌うのであれば、旧姓のまま仕事を続ければ良い。画数の“悪さ”を気にしすぎる人は、そのことが“精神衛生上”良くないので、そういう意味で、変えてしまった方が良い。但し、画数が良ければ“運命が良くなる”というのは一種の“暗示作用”にすぎない。“姓名”というのは“画数”のもたらす“書く”作用だけでなく、文字形のもたらす“見る”作用や、発声のもたらす“聴く”作用も備わって構成されているものだからである。ところで高橋惠子さんだが、関根恵子の22歳の時に睡眠薬で最初の自殺を図った。かろうじて命はとりとめたが“死にたい病”は治らなかった。山奥の生活に切り替えて2年後、舞台復帰作の主役が決まったが、その直前になって突如疾走。劇作家の男性とバンコクへ逃げたのだ。マスコミは「愛の逃避行」として大々的に報道した。この時も“死にたい病”方抜け出せずに、112日間の逃避行の中で死ぬことばかり考えていたらしい。けれども、日本に戻って“謝罪会見”を開いた後、それまでの“憑き物”が落ちたように仕事に没頭する。その後、結婚して姓名が変わり、文字通り「関根恵子は死んだ」と本人もおっしゃる。彼女にとっては「関根恵子」は“過去”ではなくて“故人になられた他人”なのだ。


最近の記事はこちら

「アップルウォッチ」が“殺人”を暴くか⁉

トルコ政府に近い地元紙「サババ」は13日、イスタンブールのサウジアラビア総領事館を10月2日に訪問して後、行方不明となっているサウジ人の新聞記者カショギ氏が、サウジアラビアから来た“暗殺集団”に激しく…続きを読む

なぜか『ムー』だけが残った

10月12日から都内で秘かに開催されているのが「創刊40周年・ムー展」である。1979年10月の創刊から正確に言うと来年で40周年になる。まあ1年前倒しでの“40周年記念イベント”らしい。創刊当時から…続きを読む

「中高生アイドル」の問題点

今年3月に自殺した松山市を拠点とする“農業アイドル”「愛の葉ガールズ」の大本萌景(ほのか)さん・享年16歳のご遺族が、娘が自殺したのは所属事務所社長のパワハラが原因として9200万円の訴訟を起こした。…続きを読む

「別件」が気になる「ミイラ取り捜査官」

時々、ニュースそのものよりも、その“関連事項”の方に惹きつけられることがある。札幌駅付近で10月10日に逮捕された成田順容疑者の「覚せい剤事件」もそうだ。実は彼は2008年4月から、ずっと“薬物捜査”…続きを読む

「福」をもたらすドロドロ鬼神

10月8日9日に沖縄の宮古島に行くと、あなたにもきっと「福」が授けられる。但し、少々汚くなるし、泥臭くもなるけど、その辺は我慢しなければならない。この島では毎年、国の重要無形民俗文化財にもなっている「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.