今日の迷言・余言・禁言

「死刑囚」が“自ら告白”の殺人事件は「無罪」

ややこしい事件というのがある。昨日「無罪判決」が下されたのは“二件の殺人事件”に対してである。それも、自らが手紙の中で“告白”してきた殺人なのだ。つまり自分が20年以上前に殺していたと“懺悔的に告白”してきた事件なのだ。ところが今回は二件とも“無罪”。どうしてかというと虚偽の可能性が強いからなのだ。しかも、告白したはずの本人が「身に覚えがない」と否定している。関係者のほとんどが死亡している。これでは捌きようがない。しかも、告白してきた本人は「死刑囚」である。だから、仮に今回の事件が認められ、殺人を犯していたとしても、“新たなる刑”は付け加えられない。日本の刑法によって、死刑囚に対しては、それ以外の刑を施行しないことが決まっているからだ。それなら何で裁判など開くのかと言えば、未解決の事件では当然被害者家族が居て、“真相”を知りたがっているからだ。また警察側としても、今後のために“事件の真相”を知っておくことは有意義だからだ。だが本人が否定してしまったのではどうしようもない。手紙では確かに49歳の会社社長は自らが殺し、60歳の不動産業者は部下に指示して殺したと記していたのに…。この死刑囚、実は元暴力団会長・矢野治である。だから、その可能性は十分にあるのだ。それでも、実にあっさりと「無罪」で結審した。これには理由がある。実は、彼の告白とされるものが出されたのは、死刑が確定して後なのである。したがって「刑執行の引き延ばし作戦なのではないか」というのが裁判官の観方なのだ。確かに矢野被告ももう69歳。こうやって裁判を続けていれば、そのうち黙っていても病死する可能性がある。新たな殺人事件の告白をしたのが4年前、一応の審議に4年も掛かっている。それにしても、彼は実際の裁判法廷内では「告白はすべて虚偽」で身に覚えがありません…と、その手紙内容を否定している。その部分が、私には解からない。もしかすると彼の関係者に頼まれて、誰かが告白を偽装した可能性でもあるのだろうか。いずれにしろ、実際に殺されたまま未だ犯人も解らず、どうしてなのかさえ解からない、未解決の殺人被害者が、そして時間が止まったままの家族が沢山いることを、われわれは忘れてはならない。


最近の記事はこちら

インディオが怖れる「黒い雨」が降る

太古そのままに密林を伴って南米を流れているのがアマゾン川だ。南米の“母なる川”と言っていい。そのアマゾン川で“異変”が起こっている。森林火災が異常発生しているのだ。今年に入ってブラジルで発生した“森林…続きを読む

やがて「香港」は“廃墟”と化すのか⁉

私が最初に《飲み込まれていく「香港」》というタイトルで、その“危うさ”を書いたのは数年前だ。それから2018年1月15日には《台湾やマカオまで「一つの中国」と言われても…》と不吉な予兆について書いた。…続きを読む

“7度目”と“4度目”の「愛の終着駅」

日本人は他の人種に比べて「執念」というものが、それほど強くない。「和食」で“こってり”とか“とことん”とかいう表現はほとんど出て来ない。どちらかと言えば“あっさり”や“さっぱり”を好むのが日本人なのだ…続きを読む

「令和」が感じられない“即位記念切手”

意外に気付かないでいた10月からの“切手代値上げ”だが、それを気付かせる意味もあってのことなのかどうか知らないが、10月18日から「天皇陛下即位記念」の新たな切手が発行されることが公表された。昨日、そ…続きを読む

「風水家相」で大切なのは“基礎的な事実”

吉本興業の“闇営業問題”で謹慎処分になっていた芸人たちの多くが8月19日に「東京吉本」の舞台に立った。その中にはスリムクラブの内間政成氏の姿もあった。彼は妙な形で多くの同情を集めている。何度か5年前に…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.