今日の迷言・余言・禁言

「死後」も“お騒がせ”しております⁉

よく“生前”いろいろとトラブルを起こしていた人物が亡くなった時「これでようやく穏やかな日常が過ごせるね」等と親戚たちが話しているのを耳にする。ところが、世の中には“死んでから”もトラブルを起こし続ける人がいる。「麻原彰晃=松本智津夫」は、その代表的な人物のようだ。彼の“遺体”を誰が引き取るかでもめているのだ。一応、本人は“四女”を指名した、とされている。ところが“三女”や妻は、本人にその意思表示ができるわけがない、ということで「待った」をかけている。現在はまだ“拘置所”内にあるらしい。“三女”というのは昔のオウム真理教内においては“次期後継者”に指名されていた人物で、確かにどこか“教祖っぽい雰囲気”を持っている女性である。一方、“四女”というのは“父親としての記憶”がない人物で、むしろ“オウム真理教”とその後継団体への拒絶反応がもっとも強い。単純な図式で言えば“四女”と“三女”が“遺体争い”をしている構図ということになる。その“四女側”には滝本弁護士が付いていて、常にこの弁護士を通じて発信している。したがって、昨日出て来た「太平洋に散骨したい」という言葉は、滝本弁護士の言葉で果たして本当に“四女”の意向なのかどうかはよく解からない。それにしても、死んでからまで“世間に迷惑をかけ続ける父親”というのはなかなかいない。私は、自分の父親が“危篤”となった時、慌てて病室へと駆け付けたが、既にそこに父親はいなかった。いや、実際には、二人の医師たちが懸命に人工呼吸を続けてくれていたのだが、その病室に入った瞬間、そこに“死後の肉体”が横たわっていて、その遺体に対して医師たちが頑張っているとしか私には思えなかったのだ。このようなことを書くと、なんて冷たい奴なんだとお叱りを受けるかもしれないが、魂の抜け落ちた遺体は“単なる肉の塊”でしかない。だから私は、その肉体の傍に寄ることが出来なかった。その後、兄や姉や弟が入ってきて、そういう中で完全に“波形は止まった”のだが、私にはただ単に医師たちが無理に“波形を作っていた”としか思えなかった。“魂の抜け出した肉体”というものは、確かに“父親”の肉体なのだが、もはや“父親”はそこから抜けているので、その後の葬儀でも肉体を見て呼びかけるとか、話し掛けるとか、泣き崩れるとかが、私には“絵空事”に思えてならないのだった。だって、居ないじゃないか、と叫び出したい気持ちをこらえて葬儀は終わった。


最近の記事はこちら

同じ“不満”を感じさせないために…

最近は仕事では滅多に札幌から動かない。その私が珍しく動いた。あまりにも熱心に天童春樹先生や天晶礼乃先生から何年もの間、大阪で“占いの講習会”を開くよう勧められたからである。まあ、ハッキリ言うと断り切れ…続きを読む

子供たちは「わるもの」の正体を知っている

新日本プロレスのエース・棚橋弘至氏が主演する映画であることは知っていた。その内容も、棚橋選手が“悪役レスラー”として登場する映画だということも知っていた。ただ、その原作が人気絵本の『パパのしごとはわる…続きを読む

15人のうち「7人の癌(がん)」が消えた!

さまざまな分野で“奇跡の療法”と呼ばれるものが存在する。正式な“医学療法”もあれば“民間療法”もある。ただ、どちらの療法にしても人によって“合う・合わない”はあって、誰にでも“確実に効く”と言う療法は…続きを読む

「宥恕(ゆうじょ)」で“新しい人生”が始まる

永年、日本人をやっているが、時々、未だに“知らなかった言葉”に出くわして面食らうことがある。今回は「宥恕=ゆうじょ」だ。決して「遊女=ゆうじょ」ではないので、念のため。さて「宥恕」とは何だろう。辞書に…続きを読む

「日本の自由」は“素晴らしい国”の証

9月18日発売『新潮45』10月号の特集では、8月号で問題となった自民党・杉田水脈氏の論文《「LGBT」支援の度が過ぎる》に対して、擁護する趣旨の論文を掲載。《そんなにおかしいか「杉田水脈」論文》とし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.