今日の迷言・余言・禁言

「死者」が“生き返って”生きていく時

誰でも生涯に一度くらいは「死んでしまいたい」と思ったり、みんなの前から「消えてしまいたい」と思ったりするものだ。もし、それを実践したなら、どうなるのだろう。ここに興味深い実例がある。昨日、警視庁は昨年6月に東京の江戸川で意識不明の状態で救出され、その後に死亡された男性が、家族の方々に遺体を引き取られ、火葬・埋葬し、一年経った後、生き返って来たという報告がなされたことを苦渋の面持ちで発表した。そう、まぎれもなく“生き返って来た”のだ。どうして、こんな奇妙なことが起こったのかというと、遺体を確認・引き取りに来た3人の家族が“見間違えた”からである。う~ん、家族の顔を3人で“見間違える”って、本当か。まあ、よほど似ていたのか、よほど取り乱していたのか、3人で結託をしたのか、いずれかしかない。ともかく、遺体は“家族”に引き取られ、そして火葬・埋葬された。そして一年。ひょっこり、本当にひょっこりと、死んだはずの40代の男性は家に帰ってきた。こういう時、本人は「ただいま」と言えるのだろうか。そして家族は「お帰り」と言えるのだろうか。とにかく、家族がうろたえたことだけは間違いがない。ところが、連絡を受けた警察の方もうろたえてしまった。何しろ、家族に引き取られたはずの遺体が“違っていた”というのだ。確かに3人とも「間違いありません」といったではないか。じゃあ、誰だったの? ということで捜すと、遺体が引き取られてすぐに「行方不明の捜索願」を提出していた家族が居た。その30代男性だったということがやがて判明する。どちらも気まずい。いや警察だって気まずい。余計なことだけど、生命保険とか、こういう場合はどうなるんだろう。半分ずつ分けましょう……とか、出来るわけないだろ。職場の方はどうなったか、訊きたいところだが誰も訊けない。


最近の記事はこちら

「死刑囚」が“自ら告白”の殺人事件は「無罪」

ややこしい事件というのがある。昨日「無罪判決」が下されたのは“二件の殺人事件”に対してである。それも、自らが手紙の中で“告白”してきた殺人なのだ。つまり自分が20年以上前に殺していたと“懺悔的に告白”…続きを読む

「福袋」じゃない「福袋」が売られている

時の流れは、嫌でも物事を“変遷”させていく。正月特有の風物も徐々に姿を変えていく。ビッグカメラは、早くも「2019年福袋」を売り出し始めた。正月より20日も前から「福袋」を売り出すということ自体にも、…続きを読む

入場料“1500円の書店”は成功するか

東京・六本木の青山ブックセンターの跡地に、昨日、新たな書店「文喫(ぶんきつ)」がオープンした。書店としては中型規模の売り場面積だが、入場する時に“入場料1500円”を支払わなければならない。新たなビジ…続きを読む

「千尋」から「弌大」への改名は最悪⁉

私はこれまでにも何度か「読めない文字を使った命名はすべきでない」と記してきた。今回は正にその典型である。昨日、プロ野球の日ハムに新規加入した元オリックス・金子千尋(かねこちひろ)選手の入団発表があった…続きを読む

両肢の間に「跪かせる治療法」は危ない⁉

世の中には「どう見たって…妖しい」と思うような治療法が山ほど存在する。けれども、それで実際に効果があるのであれば、誰も口をはさめない。ブラジルでは時折、その手の治療法が流行する。私がまだ20代の頃だっ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.