今日の迷言・余言・禁言

「母の愛」が強いか「恋人の愛」が強いか

確かに“法律”がある以上、それには従わなければならない。異性との交遊関係で「現行犯逮捕」に踏み切るのはどういう時なのか。今回の場合、26歳の女性は、恋愛相手となった16歳の男子高校生を自宅に泊めていただけなのだが、たとえそれが“双方の合意”であっても「未成年者誘拐の罪」で逮捕されたのである。何しろ、警察が二人の寝床に踏み込んで来たのだ。う~ん、それってありなのか。もちろん、“あり”である。なぜなら学校にも行かなくなって外泊ばかり繰り返している息子を心配した母親が、何度か警察に相談していたからだ。その日も母親から連絡を受けた警察が、現行犯なら「未成年者誘拐」を適用できるとして、二人が愛し合っているところに踏み込んだのだ。おそらく、警察は何度も母親から詰め寄られて、重い腰を上げたに違いない。こうして10歳も年下の高校生を熱愛してしまった女性は逮捕され「俺は自分の意志で泊まったんだよ」と説明しても訊いて貰えなかった高校生は自宅に戻され、一見、落着したかのような事件となってはいるが、果たしてそうなのだろうか。この場合、法律的解釈では“16歳の少年”はまだ“親の保護下”にある。したがって、親の方が「息子が誘拐された」と主張すれば、そちらの主張を優先する。確かに、26歳の女性は“親の許可”を取って、少年を泊めていたわけではない。早い話、双方とも好きになって、一時も離れていたくなくて、半同棲し始めていた…というのが実情だろう。これが男女が逆で、男が26歳、女が16歳高校生というのなら、週刊誌も飛びつくのだが、今回の場合は何かが違う。母親の“息子愛”と、女性の“恋人愛”の綱引きのようで、いまいち本物の“誘拐事件”のような切迫感がない。それでも女性は「未成年者誘拐」の罪を背負うことになる。母親は、26歳の女から愛する息子を奪い取ったのだ。息子の方は、愛する女性を母親によって“犯罪者”に仕立てられてしまった。その困惑や屈辱や記憶を、どう消していけば良いのだろう。もう学校に戻っても“笑いもの”になるだけである。母親は確かに女性から息子を奪ったが、息子の“心”や“カラダ”まで奪えないことに気付くのはこれからなのだ。


最近の記事はこちら

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.