今日の迷言・余言・禁言

「気配」=「予兆」は、誰にでも起こる

何かが起きてしまってから、多くの人は「そういえば…」と、漠然とした“その予兆”めいたものを思い起こすことが多い。“予兆”というほどのものでなくても、なんとなく“その気配”として感じ取っている“妙な出来事”とか“気になる様子”として記憶や印象をとどめている場合も多い。つまり、特別の「霊感」などなくても、人は誰でも潜在意識下の中で無意識に「その気配=予兆」を捉え、本能的に“迫ってくるもの”を感じているのだが、その多くが“不意”に、何の“脈絡”もなく、時として“場違いな”雰囲気の中で出現するので、ほとんどの人は“それ”に気付きながらも、そのまま“見過ごす”とか、不意に生まれた“幻想”“幻覚”に過ぎないのだ、と自分に言い聞かせ、その「場」を通り過ぎ去ろうとする。しかも、この手の「気配=予兆」は“一瞬”であることも特徴で、最初は“継続化しない”ので、余計その部分には執着しないのが普通なのだ。多くの人は「自分には霊感などない」と思っているが、ここに記してきたような感覚は“誰にでもある”ことで、決して特別な人にだけ起こるような現象ではない。つまり、われわれは太古から「気配=予兆」を把握する機能を備えているのだが、同時に“それ”を忘れるよう仕組まれている“矛盾した機能”も備わっているのかもしれない。


最近の記事はこちら

旧暦「七夕」は、やっぱり“手書き”

近年、中国は急速な勢いで“IT王国”に変わった。どこでもスマホ決済が当たり前になり、タクシーアプリを使うのが当然になりつつある。そんな中国で、意外に進んでいないのが“婚活事情”だ。もちろん、それは中国…続きを読む

心を癒すのは「ペットロボット」&「3Dキャラクター」

バーチャルシンガー「初音ミク」は一部で熱狂的人気を集める“2次元キャラクター”だが、その初音ミクと“結婚した”という30代の公務員が現れた。もちろん正式な「婚姻証明書」も所有している。IOTベンチャー…続きを読む

「聖職者」が「性食者」に変わる時

アメリカのペンシルバニア州の教会で70年間にわたり、カトリックの高位聖職者たちが、そこに通う子供たちに対して“性的虐待を行っていた”という驚くべき報告書が8月14日に公表された。この報告書は専門の調査…続きを読む

“富士子容疑者”は「殺人のプロ」なのか

昨日、今年5月に三重県鈴鹿市で起きた“夫殺人”の容疑者・横山富士子(46歳)が再逮捕された。同時に、これまで除外されていた富士子の実母・愛子(69歳)も“新たに逮捕”された。つまり、21歳年下の夫を不…続きを読む

新ジャンボ1等賞金20億円、6等賞金10万円⁉

総務省から昨日2017年度“宝くじ”の売上額が20年ぶりに8000億円を割り込んだことが報告された。近年の“宝くじ”は不振が続いていて、2005年度の1兆1047億円をピークに毎年減少している。昨年は…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.