今日の迷言・余言・禁言

「求婚の日」&「プロポーズの日」両方存在した⁉

詳しく見ていくと「暦」の中には毎日のように“いろいろな日”が存在している。その中には知っている日もあるが、知らない日もある。「求婚の日」というのが1月27日にあるということを知っている人はどのくらいいるのだろう。多分、ほとんどの人は知らないのではないだろうか。もし、あなたが知っていたなら「プロポーズの日」はどうだろう。こちらは6月の第一日曜日なのだ。両方とも知っている人は、稀ではないかと私は思う。というか、これって“同じ意味”のような気もするのだが、厳密には違いがあるのだろうか。とにかく私は両方とも知らなかった。宝石業界の頑張りが足りないのか。そこで、そもそもなぜ1月27日が「求婚の日」なのか。これはどうも日本固有の記念日らしく、伊勢新聞と三重日報とに1833年(明治16年)1月27日に初めて「花嫁募集」の広告が載った日に記念して設けられたらしい。因みに、この日の広告では「妻と離別し家事不行き届きにつき花嫁募集。どのような境遇でもOK。但し17歳~25歳までに限る」と、現代表記に置き換えるとそういう風な広告だった。この広告で気になるのは、相手の条件は記しているが、自分の身分等は明らかにしていない。まあ広告を載せられるくらいだから経済力はある人物だったのか。それとも中尾藤三郎という人物は、それなりの有名人だったのか。ともかく、彼のところにはちゃんと応募者があって、その中から19歳の女性が選ばれ見事結婚。そういうわけで、多少、身勝手な求婚でも“成功するかもしれない日”のようだ。一方、6月の第一日曜日「プロポーズの日」というのは、日本ブライダル協会が1994年に制定したもので、多分に「6月の花嫁」を意識しているような気がする。ウエディングドレスと言えばこの人というくらい有名な桂由美氏が中心に定めたものらしい。ところで昔は新聞広告を利用する「花嫁募集」は珍しいことではなく、世界的には1695年7月19日のイギリスの新聞で「東方30歳、3000ポンドの資産を有する、若き淑女を伴侶として求む」という広告が最初だそうだ。なぜか、どの広告も“年齢”が示唆されているのが“求婚条件”として重要なようである。


最近の記事はこちら

「法律改正」が間に合わなくなる日

或るTV番組で「昭和」の時代には存在し「平成」の時代には“見かけなくなった品物”を特集していた。確かに、そういうものは多い。そして、それらの多くを私は見忘れていて、どういう役割を持つものだったのか、分…続きを読む

「教祖」で「歌手」で「会長」と呼ばれた男

13000人の出資者から総額460億円を“だまし取った容疑”で逮捕された「田中正人」こと「銅子正人」41歳。一応「テキシアジャパン」という投資コンサルティング会社の会長とされる人物である。だが、この人…続きを読む

「田んぼ」は「銀座」となり、また「田んぼ」に還る⁉

三重県津市に通称「レオパレス銀座」と呼ばれる地域がある。不動産会社レオパレス21が建築した“同じような形状のアパート”が乱立している。およそ1キロ四方の区域内に40棟ものレオパレス物件が並んでいる。け…続きを読む

同一の年齢と病気、同一アスペクトからの復活

昨年の「アジア大会」で6冠を達成した“競泳界のホープ”池江璃花子氏が白血病で緊急入院となった。私は以前、ブログの中で彼女の姓名について「池」も「江」も共に“水中”を表わす文字で「璃」は元々“青い宝石”…続きを読む

日本の“奥深さ”を表わす「日向」

私もつい最近知ったばかりだった「欅坂46」と「けやき坂46」の違い。それまで私は“同じグループ”だとばかり思っていた。ただ、それにしてはなぜ「欅坂46」と漢字表記したり「けやき坂46」とひらがな表記し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.