今日の迷言・余言・禁言

「法令線」の不思議

たまたま必要性があって或る方の画像を検索していて、笑顔であっても“鼻脇から出る法令線”が全く出現していないことに気付いた。ネットでは“職場内におけるマスコット的存在”という風な表現で周囲からの悪い評価はない。ただ“熱愛記事”が週刊誌にスクープされて以降、目立つような仕事分野からは外されてしまったらしい。その記事では、今となっては「寿退社」以外の道はないという風な辛辣な予測まで示されていた。ナルホド。確かに、この法令線では“仕事で残る”のは難しそうだった。女性の場合、法令線が若いうちから“クッキリしすぎる”のも問題なのだが、法令線が“影も形も見られない”のも問題なのである。観相学上での「法令線」は、通常、鼻脇から口の周りを取り囲む筋で、一般的には中年期に差し掛かると目立ってくるケースが多いが、そうでない場合もある。男女別では、男性の方が判然と刻まれやすいが、そうでない場合もある。仕事別では独立自営の方がクッキリ出現しやすいが、そうでない場合もある。つまり、一概に“これこれだからクッキリ”とは言いきれない微妙な筋なのだ。ただ“職業意識・使命感”に関係が深いこと、“本人の管理領域”に関係が深いこと、“社会的な自立意識”に関係が深いこと、“自分に従う者達”に関係が深いこと…などが判明している。一般的にいえば、だから“社会的にそれなりの役割を果たしている人たち”にクッキリ刻まれている方が多い。そして、本人の職業意識がそれほど強くないとか、自分の管理や管轄の意識がないとか、自立という感覚をもっていないとか、あまり人を従わせる気持ちがないとか…いう場合、基本的に法令線はクッキリとは刻まれない。そういうわけで、法令線=職業線ではないのだが、自分の社会的役割を“自覚”している方が、判然としやすい線であることは確実である。そして、その方が世間一般は“きちんと仕事をしている人”とみなしてくれやすい。そういう私自身は、昔から法令線乏しく、未だに判然としていない。


最近の記事はこちら

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

「貿易戦争」が「仮想通貨」を上昇させる⁉

アメリカから第4弾の“制裁関税”が通告された14日から、中国の外務省はそれまでの「貿易摩擦」という表現をやめ「貿易戦争」という表現に切り替えた。このタイミングに合わせるかのように一気に暴騰したものがあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.