今日の迷言・余言・禁言

「法令線」の不思議

たまたま必要性があって或る方の画像を検索していて、笑顔であっても“鼻脇から出る法令線”が全く出現していないことに気付いた。ネットでは“職場内におけるマスコット的存在”という風な表現で周囲からの悪い評価はない。ただ“熱愛記事”が週刊誌にスクープされて以降、目立つような仕事分野からは外されてしまったらしい。その記事では、今となっては「寿退社」以外の道はないという風な辛辣な予測まで示されていた。ナルホド。確かに、この法令線では“仕事で残る”のは難しそうだった。女性の場合、法令線が若いうちから“クッキリしすぎる”のも問題なのだが、法令線が“影も形も見られない”のも問題なのである。観相学上での「法令線」は、通常、鼻脇から口の周りを取り囲む筋で、一般的には中年期に差し掛かると目立ってくるケースが多いが、そうでない場合もある。男女別では、男性の方が判然と刻まれやすいが、そうでない場合もある。仕事別では独立自営の方がクッキリ出現しやすいが、そうでない場合もある。つまり、一概に“これこれだからクッキリ”とは言いきれない微妙な筋なのだ。ただ“職業意識・使命感”に関係が深いこと、“本人の管理領域”に関係が深いこと、“社会的な自立意識”に関係が深いこと、“自分に従う者達”に関係が深いこと…などが判明している。一般的にいえば、だから“社会的にそれなりの役割を果たしている人たち”にクッキリ刻まれている方が多い。そして、本人の職業意識がそれほど強くないとか、自分の管理や管轄の意識がないとか、自立という感覚をもっていないとか、あまり人を従わせる気持ちがないとか…いう場合、基本的に法令線はクッキリとは刻まれない。そういうわけで、法令線=職業線ではないのだが、自分の社会的役割を“自覚”している方が、判然としやすい線であることは確実である。そして、その方が世間一般は“きちんと仕事をしている人”とみなしてくれやすい。そういう私自身は、昔から法令線乏しく、未だに判然としていない。


最近の記事はこちら

お遊びの「宝探し」を“神”は許さない

「宝探し」という言葉から、あなたは何を思い出すだろうか。海に沈んだ“財宝”、山奥に隠された“金塊”、埋葬された遺体と“黄金”、密林の向こうの“黄金遺跡”…いくつかのパターンやシーンが頭に浮かぶ。そうい…続きを読む

「ご要望がある限り…」という“名言”

「グラビアアイドル」という名称は、いったい誰が付けたのだろう。誰なのかはわからないが、よくよく考えると“奇妙な名称”である。だが、何となくは理解できる。そして実際に、そういう形で多くの女性達が“仕事”…続きを読む

「聖なる殺人もする」思想教育の恐ろしさ

最近、日本ではあまり「IS(イスラム国)」のことがニュースで取り上げられなくなった。けれども、刻々と情勢は変化し、5月28日早朝のロシア爆撃機スホイ34、戦闘機スホイ35の空襲で「IS(イスラム国)」…続きを読む

「神様」と「運命」

時々「神様」や「運命」は平等だろうか…と考える。正直、どちらも平等だとは思わない。私は大昔、ラジオの深夜放送をよく聴いていて、時々その番組のパーソナリティー宛に、ちょっとした詩やエッセイや物語の混ぜこ…続きを読む

「地球は生きてるんだ!」と、噴火は続く

今年4月、またまた「西之島」が再噴火した。2013年11月に噴火を始めて、2015年11月にいったん沈静化、これで収まるのかと思いきや、2017年4月に再噴火、現在も噴火継続中であり、島は少しづつ大き…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.