今日の迷言・余言・禁言

「浪人になりなさい」という予言

私が最初に逢った占術家は、室蘭に居た故・吉野蘭象という方でした。どうして逢ったのかというと、幼い頃から「占い師になりたい」という願望を持っていた私は、“どうすればなれるのか”大胆にもプロの占い師から直接訊き出そうとしたのです。電話帳で調べて、恐る恐る初めて電話をかけたのは中学二年生の時でした。彼は中学生からの電話に一瞬、驚いたようでしたが、面白く感じたのか自宅に招待してくれました。山の上にある立派なお屋敷でした。開口一番、彼は私に「占い師になりたければ浪人になりなさい」と言いました。私には何のことかわからず、ポカンとしていました。実はその言葉で、私は職業としての“占い師”をあきらめかけたのです。けれども、その言葉はやがて的中し、私は会社を辞め、無職になって、まさに“浪人のような”状態の中で、仕方なく占い師を始めることになるのです。


最近の記事はこちら

「豊かさ」が産んだ「いびつな思想」

日本人に比べて、欧米人の考え方は良くも悪くも“極端”な場合が多い。今回、或る写真に対して二つの考え方が“ガチンコ対決”しているのだが、正直、私はそのどちらにも賛同しかねるのだ。SNS上で論議の的となっ…続きを読む

「ガイロク」は“人生とは何か”を教えてくれる

人には誰でも「人生最大のピンチ」と言えるような時期がある。それを街角インタビューの中から“抜粋していく”のが、あまり目立たないTV番組「ガイロク(街録)」だ。近年は、普通の人達に街角でインタビューする…続きを読む

技術・研究者なら飛躍できる水星&土星《0度》の危険

誰でも疲れている時とか、あまりにも神経過敏となっている時に「幻影」を見るとか「幻聴」を聴くとかすることは稀にある。けれども、それが日常生活となったら、もはやそれは“病気”一歩手前か、本格的な“心霊現象…続きを読む

「007」が“黒人女優”に変わる時代

映画「007」シリーズと言えば、私が「男はつらいよ」と同じくらい十代の頃から好んで見た映画だ。それにしても長い、もう「寅さん」は終わったというのに「007」の方は主人公ジェームズボンド役をさまざまな男…続きを読む

なぜ今頃「人肉事件」の映画なのか

「おいしそうだったから食べたかった」という言葉はよく聞く。けれども、それが「人肉」に向けられたものだったとしたら、思わず絶句する。それが通常の感覚だろう。けれども、世の中には“そうではない人達”がいる…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.