今日の迷言・余言・禁言

「浮世絵」Gメンは「眼」だけじゃ弱い

警視庁は東京オリンピックを前に「テロ防止」を呼びかけるポスターを作成した。浮世絵師・写楽の役者絵をモチーフとして「変だ!見逃すまい。テロ阻止!」などと書かれたポスター、チラシを作り、同時に都内200か所以上の大型モニターでも放映する。そのこと自体は大変に良いことだと私は思う。ただ、せっかく浮世絵をモチーフにするなら、もう少し一目で“それ”とわかるようなポスターにしてほしかった。“浮世絵”と言っても、実際には「眼」だけで、確かに気付くのは眼なのかもしれないが、この“眼だけ浮世絵”では、普通に歩いていて“それ”が目に留まったとしても、何のことなのか正直よくわからない。第一“浮世絵の眼”だとは、言われなければ気付かない。刑事の“鋭い眼”をポスター風に表現したものなのかと思ってしまう。せっかくなら、少なくとも浮世絵の顔全体くらいは表わさないと、浮世絵に見えない。それに、写楽にも失礼な気もする。本当は歌舞伎で“大見得を切っている姿”が「阻止する!」とストップをかける姿に符合するような気もするのだが…。それに、そういう感じのポスターの方が誰もが目に止めて、警視庁の“意気込み”も理解してくれる。特に外国人たちに注目されやすいことだろう。アイデアとして浮世絵の「眼」を使うこと自体は斬新で素晴らしいのに、外国人たちが誰もそこで一緒に写真を写そうと思わないポスターだとしたら残念である。この場合の文字は小さくて良いのだ。むしろ「なんだろう?」と近づいてきて読んでくれる方が良い。歌舞伎の姿だが胸には警視庁のマークが大きく入っているというのが、一番わかりやすい。最近のように、ドローン攻撃やサイバー攻撃やウイルス攻撃も可能な時代には、テロリストたちが“目立つ姿”や“解りやすい恰好”で歩くとは思えない。何を基準に「変だ!」と思えば良いのか、ポスターとは別に、そういう実質的な“要注意人物の特徴”も教えてくれないと、役には立たないような…。


最近の記事はこちら

「本能的人相学」だけは、なぜ世界共通⁉

私は以前から不思議に思っていることがある。それは、人はだれでも本能的に「人相家」として、発言したり、振る舞ったりする、ことに対してである。なぜ、何にも「人相」の勉強をしていないのに、堂々と自信をもって…続きを読む

“占い”を「哲学」にすることの「危険性」

まず誤解を避けるために、私は特定の占術家を傷つけたり、攻撃したりする気は毛頭ない。ただ根本的に“危険な部分”を孕んでいるので、それを指摘しておきたいだけだ。去年から今年にかけて占星家として知られる松村…続きを読む

昔、縁起の悪かった「元号」は変えられた⁉

記憶力があいまいで、それが日本の話だっだか、中国の話だったか、判然としない。けれども、どちらかの国で間違いなく“そういう年”は、存在している。つまり「新たな元号」に変わって、悪いこと続きで“縁起が悪い…続きを読む

81%が「自分の血液型」を知らない国

日本で「自分の血液型を知らない」というのは、何んとなく“無知なこと”のように思われがちだ。かくいう私も、多分「A型」だとは思っているのだが、それはあくまで父親と母親と兄弟の血液型からの推測で、本当のと…続きを読む

「ユニコーン」が出現する夢の意味は…⁉

たまたま「東京国立博物館」の“東洋館”にあるという「アジアの占い体験コーナー」に関しての記事を読んだ。興味深い内容で、モンゴルの「シャガイ占い」について書かれていた。羊のシャガイ(くるぶしの骨)を使っ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.