今日の迷言・余言・禁言

「海を渡る」ということの意味

今日10月2日、ソフトバンクの松坂大輔投手が日本復帰後の初登板を行うらしい。と言っても先発ではなく、途中の1~2回だけの“様子見登板”だ。かつて「平成の怪物」と呼ばれ、アメリカ大リーグに60億円以上の金額で移籍していった選手とはとても思えない。松坂氏も既に36歳、投手としては“ぎりぎりの年齢”にきている。昨年から日本に戻ってきているが、8月に右肩を手術し、完治に時間がかかり1軍での登板がなかった。ハッキリ言うと日本に戻ってから、ほとんど仕事らしい仕事をしていない。それでも“契約”というものは恐ろしいもので、そういう松坂氏に球団は毎年4億円を支払っている。もちろん、来年も支払う。そういう“契約”だからだ。「海を渡る」ことによって、日本人はさまざまなことを学ぶ。その一つがアメリカは“契約社会”だということ。アメリカというより、欧米と言った方が良いかもしれない。何も仕事をしていないのに「4億円はないでしょう」というのは日本人的感覚で、契約社会に慣れると、それが当たり前になる。だから、松坂氏が“欧米流”に馴染んでいたなら、そのこと自体には平気なはずだ。逆に、馴染んでいなかったのなら、そういう部分が“メジャーで通用しなかった”のかもしれない。とにかく、彼は怪我や故障が多すぎた。アメリカにわたって、怪我や事故、故障や手術に巻き込まれやすい人は成功者となれない。方位的な作用で、怪我、事故、手術に巻き込まれると、能力が削がれる方位だからだ。総じてスポーツ選手は、そのことを知っておいた方が良い。近年は、優れた能力や素質を持った人たちが、気軽に海外にわたって勝負を試みる。別にスポーツ選手ではなくても、事業家でも研究者でもアーティストでもそうである。アメリカは方位的に、その成果が端的に出る。方位的に良い時期なら、あっという間に成功するし、悪い時期に当たると、能力などには関係なく、事故やトラブル続出で、心身とも傷を負って戻ってくることになる。判りやすい国なのだ。


最近の記事はこちら

「インド占星術師」に転身の上祐史浩氏⁉

ちょっと驚かされるニュースが入ってきた。元オウム真理教徒で現在「ひかりの輪」を主宰している上祐史浩氏が“インド占星術師”に転身するというのだ。今回のセミナーで初めてそれを公言したらしい。元々上祐氏は古…続きを読む

「情報」や「比較」が倒産・廃業を増やす

あまり大きなニュースにはなっていないが、企業倒産の件数・負債総額とも過去最多ペースで増え続けている。おそらく今のままで進めば、今年の企業倒産は年間400件550億円に達するものと予想されている。この倒…続きを読む

「アップルウォッチ」が“殺人”を暴くか⁉

トルコ政府に近い地元紙「サババ」は13日、イスタンブールのサウジアラビア総領事館を10月2日に訪問して後、行方不明となっているサウジ人の新聞記者カショギ氏が、サウジアラビアから来た“暗殺集団”に激しく…続きを読む

なぜか『ムー』だけが残った

10月12日から都内で秘かに開催されているのが「創刊40周年・ムー展」である。1979年10月の創刊から正確に言うと来年で40周年になる。まあ1年前倒しでの“40周年記念イベント”らしい。創刊当時から…続きを読む

「中高生アイドル」の問題点

今年3月に自殺した松山市を拠点とする“農業アイドル”「愛の葉ガールズ」の大本萌景(ほのか)さん・享年16歳のご遺族が、娘が自殺したのは所属事務所社長のパワハラが原因として9200万円の訴訟を起こした。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.