今日の迷言・余言・禁言

「海外移住」が“向く人”&“向かない人”

「定年後は海外で暮らす」と夢見る人たちは多い。実際、その言葉をそのまま実行している人たちも多い。確かに地域にもよるが、同じ“年金生活”でも、国内に居るのと、海外で暮らすのとでは経済面で雲泥の差がある。インドネシアのバリ島は、そういう人たちに人気のエリアだ。けれども、海外生活には当然のことながらリスクも付き纏う。中でも“言葉の問題”と“治安の問題”は見逃せない部分だ。街中では英語が通じる国であっても、ちょっと郊外に入ると通用しなくなる国もある。同じく“治安”も街中なら一応安心でも、ちょっと街から離れると保証できなくなる。インドネシアなど、そういう意味で正にドンピシャの国なのだ。バリ島は道路が狭く信号のついていない場所も多い。街中以外では、急に襲って来るスコールから身を守ることも大変である。島の人達は、総体的に日本人には親切だが、観光で成り立っている地域だけに、大金を持ち歩くのは危険な場合も多い。そのバリ島のジンバランで移住していた70代の日本人夫妻が殺害された。彼らには48歳の養子男性が居て、その男性からの通報で二階寝室から遺体が発見された。住宅火災での通報だったのだが、どうやら殺された後に火が放たれたらしい。遺体解剖の結果、首と背中に刺し傷があり、浴室から引き摺られて二階に運ばれた形跡も存在した。明らかに手の込んだ計画的殺人のようである。近所に住む日本人によると、殺害された夫妻は近隣の人達との交流がなく、ひっそりと暮らしていたらしい。「海外移住」は、どの国で暮らすにせよ、近隣住民たちとの交流を抜きに生きていくのは危険である。外国人が嫌なら、現地に住む日本人たちとでも良い。交流は何かが起こった時の“情報”や“協力”を得るうえで欠かせないものだからだ。極端なことを言えば、そういう交流を好まないなら、海外移住はしない方が良い。どうも殺害された夫妻は、孤立していたような気が私にはするのだ。そして、だから“狙われた”ような気がするのだ。元々「海外移住」が向いていないのに、海外で暮らそうとしたような気がする。ひっそりと暮らしたい人は“年金生活”になって地元から大きく離れるのは“危険がいっぱい”なのだ。


最近の記事はこちら

“車離れ”は「本当の先進国」になった証拠

“若者の車離れ”に歯止めが掛からない。それを何んとか防ごうと、19日、トヨタは新しく「GR」シリーズを発売すると発表した。スポーツカーブランドを一新することで、低迷が続く国内の自動車販売をテコ入れした…続きを読む

「生前継承」された7代目の“宗教”

先日、テレビで今も継承され続ける「カクレキリシタン」に関するドキュメンタリーが放映されていた。その中で印象的だったのは、現在の指導者が口にした“普通のキリスト教やカトリックとは違う”という発言だった。…続きを読む

甲冑姿の「サムライ」が刀を向ける

近年の歴史・時代物ブームで“古戦場跡”観光というものが盛り上がっている。それ自体は良いことなのだが、その“古戦場跡”の一つ「関ケ原」で全身甲冑姿の「サムライ」が、山頂に続く階段を登りきったところで待ち…続きを読む

「時代について行く」選択は正しいのか

毎日、そこかしこに情報があふれている。無意識にわれわれは、その情報の多くを吸収しながら生きている。それが「時代について行く」という“生き方”である。けれども、本当に、それが“幸福な生き方”なのかどうか…続きを読む

「ノーベル賞の卵」が“非正規雇用”で働く

山中伸弥氏と言えば、謂わずと知れた“ノーベール賞科学者”である。現在は京都大学の細胞研究所所長を務めている。そのHP上に「ご支援のお願い」が掲載された。彼によると、研究所で働く教職員の9割が“非正規雇…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.