今日の迷言・余言・禁言

「海外移住」が“向く人”&“向かない人”

「定年後は海外で暮らす」と夢見る人たちは多い。実際、その言葉をそのまま実行している人たちも多い。確かに地域にもよるが、同じ“年金生活”でも、国内に居るのと、海外で暮らすのとでは経済面で雲泥の差がある。インドネシアのバリ島は、そういう人たちに人気のエリアだ。けれども、海外生活には当然のことながらリスクも付き纏う。中でも“言葉の問題”と“治安の問題”は見逃せない部分だ。街中では英語が通じる国であっても、ちょっと郊外に入ると通用しなくなる国もある。同じく“治安”も街中なら一応安心でも、ちょっと街から離れると保証できなくなる。インドネシアなど、そういう意味で正にドンピシャの国なのだ。バリ島は道路が狭く信号のついていない場所も多い。街中以外では、急に襲って来るスコールから身を守ることも大変である。島の人達は、総体的に日本人には親切だが、観光で成り立っている地域だけに、大金を持ち歩くのは危険な場合も多い。そのバリ島のジンバランで移住していた70代の日本人夫妻が殺害された。彼らには48歳の養子男性が居て、その男性からの通報で二階寝室から遺体が発見された。住宅火災での通報だったのだが、どうやら殺された後に火が放たれたらしい。遺体解剖の結果、首と背中に刺し傷があり、浴室から引き摺られて二階に運ばれた形跡も存在した。明らかに手の込んだ計画的殺人のようである。近所に住む日本人によると、殺害された夫妻は近隣の人達との交流がなく、ひっそりと暮らしていたらしい。「海外移住」は、どの国で暮らすにせよ、近隣住民たちとの交流を抜きに生きていくのは危険である。外国人が嫌なら、現地に住む日本人たちとでも良い。交流は何かが起こった時の“情報”や“協力”を得るうえで欠かせないものだからだ。極端なことを言えば、そういう交流を好まないなら、海外移住はしない方が良い。どうも殺害された夫妻は、孤立していたような気が私にはするのだ。そして、だから“狙われた”ような気がするのだ。元々「海外移住」が向いていないのに、海外で暮らそうとしたような気がする。ひっそりと暮らしたい人は“年金生活”になって地元から大きく離れるのは“危険がいっぱい”なのだ。


最近の記事はこちら

「アップルウォッチ」が“殺人”を暴くか⁉

トルコ政府に近い地元紙「サババ」は13日、イスタンブールのサウジアラビア総領事館を10月2日に訪問して後、行方不明となっているサウジ人の新聞記者カショギ氏が、サウジアラビアから来た“暗殺集団”に激しく…続きを読む

なぜか『ムー』だけが残った

10月12日から都内で秘かに開催されているのが「創刊40周年・ムー展」である。1979年10月の創刊から正確に言うと来年で40周年になる。まあ1年前倒しでの“40周年記念イベント”らしい。創刊当時から…続きを読む

「中高生アイドル」の問題点

今年3月に自殺した松山市を拠点とする“農業アイドル”「愛の葉ガールズ」の大本萌景(ほのか)さん・享年16歳のご遺族が、娘が自殺したのは所属事務所社長のパワハラが原因として9200万円の訴訟を起こした。…続きを読む

「別件」が気になる「ミイラ取り捜査官」

時々、ニュースそのものよりも、その“関連事項”の方に惹きつけられることがある。札幌駅付近で10月10日に逮捕された成田順容疑者の「覚せい剤事件」もそうだ。実は彼は2008年4月から、ずっと“薬物捜査”…続きを読む

「福」をもたらすドロドロ鬼神

10月8日9日に沖縄の宮古島に行くと、あなたにもきっと「福」が授けられる。但し、少々汚くなるし、泥臭くもなるけど、その辺は我慢しなければならない。この島では毎年、国の重要無形民俗文化財にもなっている「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.