今日の迷言・余言・禁言

「海外移住」が“向く人”&“向かない人”

「定年後は海外で暮らす」と夢見る人たちは多い。実際、その言葉をそのまま実行している人たちも多い。確かに地域にもよるが、同じ“年金生活”でも、国内に居るのと、海外で暮らすのとでは経済面で雲泥の差がある。インドネシアのバリ島は、そういう人たちに人気のエリアだ。けれども、海外生活には当然のことながらリスクも付き纏う。中でも“言葉の問題”と“治安の問題”は見逃せない部分だ。街中では英語が通じる国であっても、ちょっと郊外に入ると通用しなくなる国もある。同じく“治安”も街中なら一応安心でも、ちょっと街から離れると保証できなくなる。インドネシアなど、そういう意味で正にドンピシャの国なのだ。バリ島は道路が狭く信号のついていない場所も多い。街中以外では、急に襲って来るスコールから身を守ることも大変である。島の人達は、総体的に日本人には親切だが、観光で成り立っている地域だけに、大金を持ち歩くのは危険な場合も多い。そのバリ島のジンバランで移住していた70代の日本人夫妻が殺害された。彼らには48歳の養子男性が居て、その男性からの通報で二階寝室から遺体が発見された。住宅火災での通報だったのだが、どうやら殺された後に火が放たれたらしい。遺体解剖の結果、首と背中に刺し傷があり、浴室から引き摺られて二階に運ばれた形跡も存在した。明らかに手の込んだ計画的殺人のようである。近所に住む日本人によると、殺害された夫妻は近隣の人達との交流がなく、ひっそりと暮らしていたらしい。「海外移住」は、どの国で暮らすにせよ、近隣住民たちとの交流を抜きに生きていくのは危険である。外国人が嫌なら、現地に住む日本人たちとでも良い。交流は何かが起こった時の“情報”や“協力”を得るうえで欠かせないものだからだ。極端なことを言えば、そういう交流を好まないなら、海外移住はしない方が良い。どうも殺害された夫妻は、孤立していたような気が私にはするのだ。そして、だから“狙われた”ような気がするのだ。元々「海外移住」が向いていないのに、海外で暮らそうとしたような気がする。ひっそりと暮らしたい人は“年金生活”になって地元から大きく離れるのは“危険がいっぱい”なのだ。


最近の記事はこちら

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

「貿易戦争」が「仮想通貨」を上昇させる⁉

アメリカから第4弾の“制裁関税”が通告された14日から、中国の外務省はそれまでの「貿易摩擦」という表現をやめ「貿易戦争」という表現に切り替えた。このタイミングに合わせるかのように一気に暴騰したものがあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.