今日の迷言・余言・禁言

「涙がこぼれないように…」って、難しい

独特の語りで知られた永六輔氏が亡くなった。昭和60年代に大ヒットした「上を向いて歩こう」や「今日は赤ちゃん」などの作詞家としても知られる。「上を向いて歩こう」の歌詞は「上を向いて歩こう 涙がこぼれないように歩く 一人ぽっちの夜」という歌詞なのだが、よくよく考えてみると、この歌詞はおかしい。一人ぽっちで涙がこぼれないように歩くためには、ほとんど真上を見て歩かなければならない。そうすると極めて危険だ。まあ、そういう“気持ち”だと解釈してあげよう。実際、今の日本も内閣府の調査で「生活が苦しい」という人達が60%の世帯だという、なんとも哀しい結果が公表された。同じ調査で「ややゆとりがある」「大変ゆとりがある」合わせても3.7%の世帯だというから驚く。“日本って貧しいんだ”とあらためて思うではないか。ところで「上を向いて歩こう」は全米でも大ヒットしたことで知られる。但し「スキヤキ」という奇妙なタイトルで…なのだ。作詞家には事前にタイトル名称の変更は知らされていたのであろうか。おそらく知らされていなかったことだろう。作詞家に「『上を向いて歩こう』を『スキヤキ』に変えても良いですか?」と聞く勇気は、私が関係者なら、ない。そんなこと、とてもじゃないけど訊けない。作詞家は当然ながら“言葉に敏感な職業”である。涙がこぼれないように歩こうとする人物なのだ。それに対して「スキヤキを食べて忘れましょうよ」なんて言えるか。なお、永六輔自身は、この歌詞は「安保闘争で敗れた時の悔しさ」を作詞したものだと後に語ったという。今回の参院選も自民党が大勝した。彼は「涙がこぼれないように」永遠に瞼を閉じたのかもしれない。


最近の記事はこちら

「反則タックル」はプロレスで活かせ!

最近、スポーツ関係での「パワハラ」問題、行政関係での「セクハラ」問題などが報道されることが多い。どのような分野でも“行き過ぎ”“やり過ぎ”は問題なのだが、過度に神経質になって、何でもかんでも「パワハラ…続きを読む

「グランドクロス」を生きる人々

「ピーター」と呼ばれていた池畑慎之介氏がちょっとだけ“休業”し、もう「ピーター」の名は使わないらしい。これを「休業宣言」と受け止めて良いかは疑問だが、とにかく「休み」が欲しくなったのだな…ということだ…続きを読む

「ZOZO」は“世界”へ飛翔できるか

ファッション通販のショッピングサイトとして絶大な人気を誇る「ZOZOTOWN」を運営している株式会社スタートトゥディが6月26日の株主総会で社名変更を決議する。社名も「ZOZO」に変更・統一するという…続きを読む

「二刀流・松坂」が始まる

私が開幕前から予告していたように、中日の松坂大輔投手が「二刀流」で2勝目を挙げた。20日の試合で、その第2打席、第3打席で二打席連続のヒットを放ったのだ。「松坂大輔」といえば、もう“過去の人”だった。…続きを読む

子供を働かせる「アイドル商法」

週刊文春で今年3月21日に首を吊って自殺した愛媛の“農業アイドル”「愛の葉」主力メンバー大本萌景(おおもとほのか・享年16)さんの母親が、娘が自殺に至った経緯を詳細に語っている。それを読むと、これは明…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.