今日の迷言・余言・禁言

「混迷」のアメリカ

アメリカの大統領予備選が「混迷」を極めている。最初は民主党クリントン、共和党クルーズがトップを奪ったが、今回は民主党サンダース、共和党トランプがトップとなった。共和党はルビオが優勢な地域もある。有力候補はこれらに絞られるが、誰が抜け出すのか予断を許さない。中でも共和党トランプは、元々「不動産王」として著名だった人物で“極端なタカ派”の過激発言で知られる。そのトランプが支持を拡大しているのは現大統領のオバマが“極端な穏健派”で、一時代前の「強いアメリカ」を失ってしまったと感じている国民が多い証拠だ。昔は世界を牛耳っていたのに、今や中東に対しても、北朝鮮に対しても、ISに対しても、中国に対しても、「世界の警察」として機能しなくなっている。特に北朝鮮や中国の暴走を封じ込めることが出来ない弱さをアメリカ国民はひしひし感じているに違いない。それが同じように暴走していく不動産王「トランプ」を危うくても支持する一番の理由なのだ。

 


最近の記事はこちら

「赤い球」ではなく「蒼白い球」

人間は齢を取って来ると“自分の死”というものを考えるようになる。どういう“死に方”をするのだろうか。“いつ”死ぬのだろうか。それまでに“何”をしておけば良いのだろうか。…ということで、アントニオ猪木氏…続きを読む

前大統領へ離党勧告を下す国民

私にはどうしても解からないことがある。韓国民の心情だ。前大統領であった朴槿恵被告に対し、旧与党である自由韓国党は事実上の“除名処分”である離党勧告を下す決定をしたという。かつて日本でも、収賄罪で田中角…続きを読む

バブル期88年の「13連騰」に並んだが…

私は9月13日に「日本株反転の兆し」を予言し、9月28日に「日本株“長期上昇の形”は整った」と予言した。それらは不思議なほどに的中し、日経平均はバブル期真っただ中1998年2月の記録「13連騰」に並ん…続きを読む

聖心女子大卒同士の対決‼

世の中にはいろいろな対決がある。この二人は共に「夫の身代わり」である。そして共に「聖心女子大」という“お嬢様学校”を卒業している。そして「母親」でもある。そして一応「美人」に属する。そしてここからは私…続きを読む

「イスラム国」は滅んでも…

シリア民主軍が昨日、過激派組織IS(イスラム国)が「首都」と位置付けるシリア北部ラッカ全域の制圧に成功した。このところISには以前の勢いがなく、主要モスクも奪われ、首都も失ったことで、事実上の崩壊とな…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.