今日の迷言・余言・禁言

「混迷」のアメリカ

アメリカの大統領予備選が「混迷」を極めている。最初は民主党クリントン、共和党クルーズがトップを奪ったが、今回は民主党サンダース、共和党トランプがトップとなった。共和党はルビオが優勢な地域もある。有力候補はこれらに絞られるが、誰が抜け出すのか予断を許さない。中でも共和党トランプは、元々「不動産王」として著名だった人物で“極端なタカ派”の過激発言で知られる。そのトランプが支持を拡大しているのは現大統領のオバマが“極端な穏健派”で、一時代前の「強いアメリカ」を失ってしまったと感じている国民が多い証拠だ。昔は世界を牛耳っていたのに、今や中東に対しても、北朝鮮に対しても、ISに対しても、中国に対しても、「世界の警察」として機能しなくなっている。特に北朝鮮や中国の暴走を封じ込めることが出来ない弱さをアメリカ国民はひしひし感じているに違いない。それが同じように暴走していく不動産王「トランプ」を危うくても支持する一番の理由なのだ。

 


最近の記事はこちら

学校とは「生きる理由」を見つける場所

現在、立命館大学の国際平和ミュージアムで10月28日迄「世界一貧しい元大統領から学ぶ本当の豊かさ」という企画展示が行われている。2012年の国連におけるスピーチで一躍有名となったウルグアイのホセ・ムヒ…続きを読む

「赤い糸」が「一軒家を無償で借りられる権利」に発展

あなたは「赤い糸プロジェクト」をご存じだろうか。もちろん知らないだろう。大阪市鶴見区のNPO法人「みらくる」が取り組んでいるコロナ困窮者のための“支援プロジェクト”だ。今年9月に立ち上げられたばかりな…続きを読む

ピカピカの40年前に戻る「勇気」

女優の宮崎美子氏が自らの芸能生活“40周年”を記念して「カレンダー&フォトブックセット」を発売した。そして40年ぶりにカメラの前で“ビキニ姿”を公開している。ほぼ同時に「週刊現代」でも11ページにわた…続きを読む

「70代女性」の元気と「30代女性」の体力低下

日本には「スポーツ庁」と呼ばれるものがあって、そこが各世代別の体力や運動能力に関する調査報告を出した。それによると「東京オリンピック」が行われた1964年当時に比べて、令和の60代後半~70代の女性は…続きを読む

麻薬首領「ゴッドファーザー」は「前国防相」だった

あなたは「ゴッドファーザー」という名曲、或いは映画を知っているだろうか。知っているなら若くはない。とにかく私の大好きな映画音楽だった。もちろん、大ヒットした映画も「マフィア」を描いているのだが、それで…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.